【2021年版】ブロー成形機 メーカー14社一覧

ブロー成形機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ブロー成型機とは

ブロー成型機は、プラスチックの加工方法の一種です。樹脂を熱によって溶解させて型に移動し、樹脂にガスを吹き込み、冷却し、内部が空洞の製品に加工します。内部が空洞のボトルや容器などの成形に適している加工方法になります。溶かした樹脂を方に移動させ、固まらせるまでの工程で、成形方法が分類でき、樹脂をエアーの力で押し出して型通りに作成する押し出し方式、一度射出形成した後に、エアーを送り型通りに作成する、射出方式、一度樹脂を延伸させた後に、エアーを吹き込み、型通りに作成する延伸方式があります。

ブロー成型機の使用用途

プロー成型機は、液体などを保存するための容器の製造工程で使用されます。ペットボトルやマヨネーズなどの容器、薬や薬品などのプラスチック製の容器などが使用例になります。ブロー成型機の選定の際には、主に3種類の加工方法があるため、成形したい製品に提起している加工方法を選ぶこと、価格、大きさ、生産スピード、不良品の製造割合などを考慮する必要があります。

ブロー成型機の原理

ブロー成型機の動作原理を、押し出し方式、射出方式、延伸方式に分けて説明します。ブロー成型機は、樹脂を加熱して溶解させる加熱部、金型、エアー吹き出し口、冷却装置、それぞれの工程に樹脂などを移動させるためのアームなどで構成されています。

  • 押し出し方式
    押し出し方式は、加熱し液体にした樹脂を押し出しスクリューなどにより内部が空洞のパイプ状にして型に押し出し、内部の空洞部分にエアー吹き出し口を当て、エアーを吹き出すことで、型の表面に樹脂を押し当て、冷却することで加工する方法です。ブロー成型機の中では、用いられている方式になります。
  • 射出方式
    射出方式は、エアーを吹き出すことができる型にあらかじめ樹脂を固定した状態で、別の型に移動させ、エアーを吹き出すことで、型の表面に押し当て冷却する方式で、2段階で加工します。寸法精度が高いことが特徴です。
  • 延伸方式
    延伸方式は、押し出し方式の押し出し過程において、一度樹脂を延伸させた後に、エアー吹き出し口からエアー吹き出すことで、加工する方法です。他のブロー成型の方法に比べて強度が高いことが特徴です。

参考文献
http://www.krk.co.jp/tech/blowmolding.html
https://www.placo.co.jp/product/blow/
https://www.hatachi.co.jp/feature/htbm/htb/

ブロー成形機のメーカー情報

ブロー成形機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日本製鋼所
  2. 2 株式会社フロンティア
  3. 3 日精エー・エス・ビー機械株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 リテック・ジャパン株式会社
  2. 2 丸紅テクノシステム株式会社
  3. 3 Suma Plastic Machinery Co.Ltd.

歴史のある会社

  1. 1 株式会社日本製鋼所
  2. 2 キョーラク株式会社
  3. 3 株式会社タハラ

ブロー成形機のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す