株式会社ヨコ

【2021年版】スプリングピン メーカー8社一覧

スプリングピンのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スプリングピンとは

スプリングピンは、中空のピンにすり割り加工を施したC型形状をしたピンです。薄板を円筒状に曲げたものに、錆防止や硬化などの目的でさまざまな表面処理を施しています。製法に特別な技術がいらなく、構造材も鉄やステンレスなどで作成できるため、安価で大量生産できる部品です。

ピンのすり割り加工に合わせて直径が縮むためピン径より直径の小さい穴に挿入することができ、弾性力により穴壁に内圧がかかるのでセルフロックがかかります。そのため、ピンの抜け止め対策が不要となります。

スプリングピンの使用用途

スプリングピンは、位置決めや部品同士の連結に使用されます。抜け止め、ストッパーなどの用途もあり、さまざまな用途で使用されています。C型に丸めた筒状のピンが多く、ピンよりもわずかに小さい穴に挿入することで使用します。基本的には一度挿入したら抜くことはありません。

ピン径や穴径は規格化され、細かく規定されていますが、はめ合い公差などの許容差はないので、穴の精度に関係なく穴径やピン系を確認し、用途に合わせて選ぶことができます。

スプリングピンの原理

スプリングピンの大きな特徴は、ピン自体がセルフロックをする事です。ピンにはすり割り加工がしてあり、C型に丸めた筒状の形状をしています。スプリングピンを挿入する穴は、ピンよりわずかに小さい穴径で加工します。ピンはすり割りにより直径が縮むことで、穴に挿入され、復元力でセルフロックされます。また、ピンの両端には面取り加工を施してあるので、よりスムーズに挿入しやすくなっています。

スプリングピンはあまり強い力で叩きすぎたりするとピンが折れて使用不能になってしまいます。ピンを挿入するための穴は通し穴で加工することがほとんどですが、止まり穴で加工している場合、折れたピンが穴の中に埋まってしまい取れなくなることがあります。こうなると、ドリルなどで穴ごと削り出すしかなくなりますので注意が必要です。

また、スプリングピンはその構造上、中空になっており中実ピンより強度が低いため、大きな衝撃のかかる箇所で使用する際は折れないよう選定に気を付ける必要があります。

参考文献

http://www.taiyo-sp.co.jp/spring_pin/

スプリングピンのメーカー情報

スプリングピンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社シー・シー・ピー・ジャパン
  2. 2 株式会社ヨコ
  3. 3 大陽ステンレススプリング株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社シー・シー・ピー・ジャパン
  2. 2 株式会社三和バネ
  3. 3 大陽ステンレススプリング株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ヨコ
  2. 2 株式会社モリシタ
  3. 3 宇都宮螺子株式会社

スプリングピンのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す