株式会社不二越

【2021年版】スパイラルタップ メーカー9社一覧

スパイラルタップのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スパイラルタップとは

材料にネジ穴を立てたい場合にはタップが用いられます。タップには四方に刃が飛び出した構造の直溝タップと、らせん上に刃が付けられたスパイラルタップがあります。スパイラルタップの方がネジ穴を加工するときの切りくずが外に排出されやすく、より下穴に密着させながら削り出すことができます。

通常、止まり穴の場合、穴の底に切りくずが排出されずに残ったままとなってしまうため、スパイラルタップを使うことで改善することができます。各メーカーに応じて、切りくずの排出性や摩擦抵抗などの特徴に違いが見られます。

スパイラルタップの使用用途

スパイラルタップは主に止まり穴加工用によく用いられます。ステンレスや合金、炭素鋼、プラスチックなどの材料で止まり穴加工を行う場合に有効です。

なお止まり穴は材料が貫通されていない穴のことで、後にボルトを締めたとしても穴の端でボルトは必ず止まります。あるいは貫通させたくない材料に対しては、止まり穴加工を行います。タップは比較的簡単に使用でき、安価に入手することができるため、DIYなどを目的に一般家庭でも使用されています。

スパイラルタップの原理

通常、タップ加工をするときには必ず下穴を開けてから、タップによりネジを切らなければなりません。このときタップが穴の底についてしまうと、ネジをそれ以上切ることができないため、下穴はタップの深さよりも深く開けておく必要があります。直溝タップを用いた場合には、大きな切りくずはポケットから外に取り出すことができますが、細かな屑については排出されずに止まり穴の底に溜まってしまいます。

そこでスパイラルタップではこの欠点を改善するために、ネジ加工用の刃溝がらせん状に取り付けられています。この刃溝を材料の中で右ネジの進行方向に従って回転させると、刃溝に沿って材料の切りくずはポケットに沿って、外に排出されるという仕組みです。逆向きに回転させれば、ポケットの内側へと向かっていきます。そのため、もし貫通穴に対してタップ加工をしたい場合には、あえてタップの進行方向に切りくずを排出するもの(スパイラルポイントタップ)もあります。

参考文献
https://www.sandvik.coromant.com/ja-jp/knowledge/threading/tapping/pages/how-to-choose-tap-type.aspx
http://www.tanoi-mfg.co.jp/cutting/sp.html
https://www.monotaro.com/s/pages/readingseries/kakougenba_0801/

スパイラルタップのメーカー情報

スパイラルタップのメーカー9社一覧


スパイラルタップのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オーエスジー株式会社
  2. 2 株式会社不二越
  3. 3 ユアサ商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社山勝商会
  2. 2 株式会社エスケーシー
  3. 3 酒井精工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ユアサ商事株式会社
  2. 2 株式会社彌満和製作所
  3. 3 株式会社不二越

関連記事

カテゴリから探す