株式会社ダイヘン
コマツ産機株式会社

【2021年版】プラズマ加工機 メーカー5社一覧

プラズマ加工機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プラズマ加工機とは

プラズマ加工機とは、プラズマを用いて主に切断などを行う機械のことです。レーザーやガスによる切断と比べて切断時間が短く、効率がいいのが特徴です。また、数mm~100mm程度の厚さまで十分に切断することが可能で、コストも低く抑えられます。昔から使われてきたガス切断などは酸化しないステンレスなどの加工ができませんでしたが、プラズマ加工機を使用すれば通電するものは何でも切断することができます。直線だけでなく複雑な曲線にも対応できるので、様々な製品の製造に役立っています。

プラズマ加工機の使用用途

プラズマ加工機の主な用途は金属の切断です。基本的に通電するものならば切断が可能で、処理速度も比較的速く済みます。ガス切断では不可能であった、ステンレスやアルミニウム合金などの金属を切断する際に利用されます。また、切断できる厚みを比較的広く、ドライプラズマでは150mm程度の厚さにまで対応しています。したがって、レーザーでは切断が難しかった厚みのある素材の切断に適しています。また、消耗品が比較的安価のため、ランニングコストを低く抑えることができます。

プラズマ加工機の原理

プラズマ加工機はプラズマが発生させた高エネルギーによって対象を融解させ、切断などの加工を施しています。ここでは、そんなプラズマ加工機の原理から特徴までをご紹介します。

構造としては、電源につながれた加工機の先端に電極が付けられ、対象物との間にプラズマを発生させています。ここで発生するプラズマはおよそ2万度にも上ります。温度上昇と共に電流密度が上昇し、その高いエネルギーによって対象物は融解するのです。また、同時に発生するプラズマ気流によって融解部分を除去しながら切断していきます。ここで発生した金属のくずは後で処理しなければなりません。プラズマアーク自体が対象物に接触して切断する移行式と、プラズマ気流のみが対象に届く非移行式があります。

幅広い厚みに対応していることや、曲線の加工も可能であるため様々な加工に用いられます。また、ガス切断では不可能だったステンレスなど切断が可能で、通電する素材はほとんどが加工できます。しかし、高電圧の電源が必要となるため屋外での使用には適していません。

参考文献
http://kobe-stainless.co.jp/business/plasma/
http://wwwb.pikara.ne.jp/ogawa-giken/uw_cut/uc71.html
https://mitsu-ri.net/articles/plasma-cutting#

プラズマ加工機のメーカー情報

プラズマ加工機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 コマツ産機株式会社
  2. 2 株式会社ダイヘン
  3. 3 日酸TANAKA株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社深川製作所
  2. 2 コマツ産機株式会社
  3. 3 株式会社ダイヘン

歴史のある会社

  1. 1 日酸TANAKA株式会社
  2. 2 小池酸素工業株式会社
  3. 3 株式会社ダイヘン

プラズマ加工機のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す