【2021年版】バンドソー メーカー11社一覧

バンドソーのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バンドソーとは

バンドソー

バンドソーは、帯状のノコギリ刃をモーターやその他の駆動メカニズムに連動させ回転させて物を切断する工具です。

通常電動でノコギリ刃が一定方向に回転するため、一般のノコギリの利用に比べ切断面がきれいな上、スムーズに操作できることが特徴です。

木材、金属などさまざまな素材の切断に広く利用されています。

卓上横型、卓上縦型、ポータブルタイプ、キャスター付きなどの種類があり、大きさも用途によってさまざまに選択可能です。

バンドソーの使用用途

木工、金属加工、建設および土木現場などさまざまな分野において、材料や建材の切断に広く用いられています。

卓上横型は、金属製パイプ、角材、板、丸棒などの切断に適しています。

卓上縦型は、曲線に沿った切断や細かな部位の切断、比較的柔らかい材料の切断に適しています。

ポータブルタイプはほとんどが充電式で、高所や取り外しのできない材料の切断、上を向いた状態での作業などに適しています。

キャスター付きは通常大型で、大口径パイプや大きな材料の切断に適しています。

バンドソーの原理

帯状のノコギリ刃をモーターなどの駆動システムに接続し回転させることで、材料を切断する工具をバンドソーと呼びます。

卓上横型および卓上縦型は、回転するノコギリ刃と駆動系からなる切断部と、材料を固定するステージとが組み合わさった構造になっています。

ポータブルタイプは持ち運びができる小型軽量の充電式になっています。

このような携帯のことなる数種類から、切断するものの材質と大きさ、および作業環境によりタイプを選んで使用します。

工具の切断能力は通常、切断可能なパイプの直径で表示されます。

また材料により、ノコギリ刃の材質と刃形状を適切に選択して使用します。

ノコギリを使い手で材料を切断する場合と異なり、バンドソーはノコ刃が一定方向に回転して切断するため、切断時に必要な力も比較的小さく、切断面がきれいなことが特長です。

さらに材料によってノコ刃の回転数を調節し、火花の飛散がない、必要以上に切子が周囲に拡散しない等々、適切な利用環境を設定できます。

参考文献

https://www.bildy.jp/mag/bandsaw-guide/

https://my-best.com/1801

バンドソーのメーカー情報

バンドソーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 工機ホールディングス株式会社
  2. 2 株式会社アマダマシナリー
  3. 3 アサダ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社タナクロ
  2. 2 大東精機株式会社
  3. 3 株式会社秋山機械

歴史のある会社

  1. 1 株式会社アマダマシナリー
  2. 2 アサダ株式会社
  3. 3 工機ホールディングス株式会社

バンドソーのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す