【2021年版】研磨フィルム メーカー6社一覧

研磨フィルムのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


研磨フィルムとは

研磨フィルムとは、細密な研磨作業で用いられる研磨用品の一種で、フィルム研磨材とも呼ばれています。

高い研磨性を有しているため、上質な仕上がりを実現することが出来、研磨布や研磨紙と比べても、よりきめ細かく研磨することが出来ます。

素材がフィルムでできているため、水や油などにも耐性があり、湿式による研磨も可能で、引っ張りや裂け等に対して耐性が強いため、機械を用いた自動研磨で使用することもできます。

研磨フィルムは製造方式によって研磨力が異なり、ローラー塗布による研磨フィルムよりも、制電塗布による研磨フィルムの方が、静電気を用いることで同じ方向に向かって研磨剤粒子の粒が上向きにそろうため、研磨力の強度が上がり、作業時間も短縮されます。

研磨フィルムの使用用途

ここで、研磨フィルムの使用用途について説明します。

研磨フィルムは、フィルム素材が持つ耐水性や強度を生かして、機械で行う自動研磨や、精密研磨作業、仕上げ作業などに用いられており、多様な用途に使用されています。

研磨フィルムは、ガラスやプラスチック、樹脂などの高い仕上がりを必要とする素材を研磨するのに適しています。

製品の例としては、医療用機器などを精密に仕上げるのに利用されています。

研磨フィルムの原理

続いて、研磨フィルムの原理について説明します。

研磨フィルムには、製造時におけるフィルムへの研磨剤の塗布方法で違いがあります。

ローラー塗布方式で作られる研磨フィルムは、ポリエステルやポリエチレンなどの強度が強い樹脂を厚みが平らで滑らかになるように伸ばしてフィルム状にし、この基材に研磨剤の微細な粒子を均一になるように練りこむことで、フィルムの表面を研磨剤の粒子でコーティングしています。

制電塗布方式で作られる研磨フィルムは、ポリエステルやポリエチレンなどの強度が強い樹脂の表面に接着剤を塗り、そこに静電気によって、研磨剤の粒子を固着させたあと、粒子が脱落するのを防ぐために再度上から接着剤をコーティングすることで、基材表面に研磨粒子をしっかりと固定します。

これらの方法を用いて研磨剤粒子を均一で強固に固着しているため、研磨作業時にフィルムに傷が入ることで研磨力を損なうことなく、優れた研磨性を保持することが出来ます。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000312485/
https://www.kovax.com/hint/features4.html
https://kksanshin.co.jp/technology/compare-grinding/
https://product.mipox.co.jp/products/film

研磨フィルムのメーカー情報

研磨フィルムのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社精工技研
  2. 2 株式会社コバックス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社精工技研
  2. 2 株式会社トッパンインフォメディア
  3. 3 スリーエムジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 Mipox株式会社
  2. 2 株式会社コバックス
  3. 3 スリーエムジャパン株式会社

研磨フィルムのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す