【2021年版】ハイスエンドミル メーカー0社一覧

ハイスエンドミルのメーカー0社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハイスエンドミルとは

ハイスエンドミルとは、主に角物の金属あるいは非金属を加工するためのツールのことです。通常の穴をあけるツイストドリルとは異なり、工具自身を回転させながら直進送り運動を与えることで、横方向にも穴を広げていくことができます。

エンドミルは材質の違いによって2種類に分けられます。その2つの材質がハイスと超硬です。ハイスとはハイス鋼(高速度鋼)で作られたもの、超硬とは超硬合金で作られたものを指します。主流となっているのはハイスですが、硬度の高い材質を削る際には超硬が適しています。

ハイスエンドミルの使用用途

ハイスエンドミルはフライス盤の加工用ツールとして使われています。工作物とツールの両方に合計3軸の相対送り運動を与えて、平面や側面、溝・ポケット、面取り、すり割りなどの幅広い加工などを行います。これによって、金型の削り出しや歯車のキー溝なども成形することができます。

また、ツールの種類も非常に多岐にわたっています。刃やシャンク形状、刃の数といった構成要素に違いがあり、一つ一つが多種多様な特徴を持っています。そのため、加工面の形状や深さ、寸法精度などを考慮したうえで、最適なツールを選定することが重要です。

ハイスエンドミルの原理

ハイスエンドミルは、以下の3つの要素から構成されています。

  • 底刃
    スクエアエンドは底がフラットになっており、水平面や側面の加工に適しています。その対となるのがボールエンドで、底が丸い形をしているため、曲面加工の際に適しています。そして、この2つの中間的存在といえるのがラジアスエンドです。隅肉部のR加工やピックフィード加工をする時に最適です。
  • 外周刃
    最も広く扱われているのが普通刃であり、荒から仕上げまで幅広く対応できます。

ラフティング刃は、刃の形が波状になっています。この波状の刃が切りくずの排出性が向上させて切削抵抗を抑えることができるため、荒取りに最適です。しかし、その分仕上げ面を綺麗に削るのはやや難しいため、仕上げには不向きといえます。

テーパ刃は外周刃の形状がテーパになったものです。金型の抜け勾配やインローを成形する際に用いられます。

  • シャンク
    主流となっているのがストレートシャンクです。ロングシャンクはストレートよりもシャンク部が長いため、深堀り加工に適しています。

ロングネックシャンクは一部にくびれがあるのが特徴で、深溝加工時に重宝します。

テーパネックシャンクはネック部がテーパになっているため、抜け勾配のついた壁際の深堀り加工などに最適です。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/012/
https://sakusakuec.com/shop/pg/1endmill03/

ハイスエンドミルのメーカー情報

ハイスエンドミルのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

歴史のある会社

ハイスエンドミルのメーカー0社一覧


関連記事

カテゴリから探す