ダイトロン株式会社

【2021年版】研磨機 メーカー14社一覧

研磨機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


研磨機とは

研磨機は、研磨加工で使用される加工機のことです。主に表面の仕上げ加工に使用されます。様々な研磨方法が存在し、適切な砥石や研磨剤などが必要となります。研磨方法によっては、高速回転する砥石に加工物を近づけて作業することもあるため、作業時の火花によるやけどや、加工機への巻き込みなどに注意しながらの作業が必要となります。

研磨機の使用用途

主に部品表面の仕上げに使用することが多いですが、部品のバリ取りを目的とした粗い研磨加工を行うこともあり、各用途に応じて最適な加工方法および加工機が存在します。また、表面の仕上げだけではなく、円筒状の部品の内側の面の仕上げなどにも使用されます。これは、研磨により面が滑らかになることで摺動性の向上効果を得ることができるからです。シリンダーやレールスライダーなど多くの摺動動作を行う部品にも研磨加工が施されています。最近では、卓上サイズの研磨機も多く存在するため、工場以外でも、自宅でのシルバーアクセサリーの研磨やプラモデルのバリ取りなどに使用される機会が増えてきています。

研磨機の原理

基本的に、研磨に使用する砥石や研磨剤などに含まれる砥粒が小さな刃物のような効果を発揮することで、少しずつ加工物を削ることができるという仕組みで研磨が行われています。

最も代表的なものは、高速回転している砥石に加工物を当てて磨く「砥石研磨」です。非常にシンプルな研磨方式ですが、加工物を押し当てる力や角度の小さな差によっても仕上がりが異なるため、その作業には熟練を要します。また、加工を進めるにつれて、砥石自体も損耗して削れていくため、砥石の損耗量を見ながら適切なタイミングで新しい砥石に交換しながら運用する必要があります。原理的には、紙やすりなどで行うヤスリ作業も同様ですが、より効率的な研磨が可能となっています。
同様の手順で研磨を行う「バフ研磨」が存在しますが、こちらは砥石の代わりに、綿やフェルトなどの軟らかい素材でできた「バフ」を使用して研磨を行います。砥石研磨よりも表面を滑らかにする効果が高く、鏡面仕上げなどに使用されます。一方で、研磨に時間がかかるため、加工物の厚みを減らすような用途を伴う場合には向いていません。

このように、研磨加工機では高速回転する物体に対して加工物を近づけて作業することから、作業時には怪我をしないように注意が必要です。特に、手袋をしての研磨を行う際には、ほつれた糸が高速回転部に巻き込まれてしまう可能性があります。小型の研磨機でも、巻き込まれた際の力は非常に大きいため、大怪我に繋がる可能性があり危険です。また、加工物の素材によっては、砥石との接触時に火花が発生することもあるため、やけどへの注意も必要です。

参考文献
https://mitsu-ri.net/articles/polishing
https://www.agency-assist.co.jp/column/717/#:~:text=%E7%A0%94%E7%A3%A8%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%A8%E7%A0%94%E5%89%8A%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84,-%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%AB%E7%A0%A5%E7%B2%92&text=%E3%80%8C%E7%A0%94%E7%A3%A8%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%81%E8%A1%A8%E9%9D%A2,%E5%8C%BA%E5%88%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

研磨機のメーカー情報

研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 ダイトロン株式会社
  3. 3 YKT株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社 ナノファクター
  2. 2 株式会社オフィスマイン
  3. 3 東邦インターナショナル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 YKT株式会社
  3. 3 株式会社野水機械製作所

研磨機のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す