【2021年版】ペイントローラー メーカー4社一覧

ペイントローラーのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ペイントローラーとは

ペイントローラーは、大きな平面を迅速かつ効率的に塗装するために使用される塗料塗布の道具です。

ペイントローラーは通常、""ローラーフレーム ""と ""ローラーカバー ""の2つの部分から構成されています。

ローラーカバーが塗料を吸収して塗装面に転写します。

ローラーフレームは、ローラーカバーを取り付けるために必要です。

塗装工はハンドル部分でローラーを保持します。

ローラーフレームは再利用可能です。

ローラーカバーを洗浄して再利用することも可能ですが、使用後は廃棄するのが一般的です。

ペイントローラーの使用用途

ローラカバーは、円筒状の芯体(シリンダ)にパイル地のカバーを固定したもので、発泡ゴムローラも製造されています。

磨耗したローラーを交換する際は、古いローラーを取り外すし、新しいローラーをローラーフレームのハンドル部分に取り付けて使用することができます。

シリンダの革新的な技術により、塗料を内部に封入し、カバーが内部の塗料を吸収し(自然に吸湿して)フィルターを通すことで、ローラーを転がす際に外部に塗布することが可能です。

ペイントローラーの原理

ペイントローラーには主要の4つの種類があります。

手動ローラー、パッドローラー、テクスチャローラー、ミニホットドッグローラー

それぞれのタイプには長所と短所があり、それぞれが特定の塗装工程に適しています。

塗料のコストと同様に、ローラーのコストも塗装工程の最終結果に影響を与えます。

一部の塗装業者は、一度ローラーを使用してそれを捨てる業者もあれば、また、洗って何度も再利用できる高価なローラーを使用する業者もいます。

一番安いローラーを購入して、塗装工程のコストを削減するのも大事ですが、ローラーにはそれぞれ特徴があるため、ローラーとフレームぴったりとフィットすることを確認してください。

手動ローラーは、最も一般的なペイントローラーで一般的に壁や天井に塗料を塗布するために使用されハンドル延長用のコネクタを特徴とするハンドルを持っています。

パッドローラーはトリムや縁取りの塗装に効果的なツールです。吸水性の高い平らなパッドを利用して、まっすぐで均一なストロークで塗料を塗布します。

テクスチャローラーは、特に表面にテクスチャをペイントするように設計されています。

ミニホットドッグローラーとは、ミニチュアペイントローラーです。手の届きにくい場所の塗装に最適です。

参考文献
https://www.diy-shop.jp/contents/diy-school-paint/paint_roller_type.html

ペイントローラーのメーカー情報

ペイントローラーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 大塚刷毛製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ヤマペ株式会社
  2. 2 ピーアイエー株式会社
  3. 3 株式会社 タイホウ

歴史のある会社

  1. 1 大塚刷毛製造株式会社
  2. 2 株式会社 タイホウ
  3. 3 ピーアイエー株式会社

ペイントローラーのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す