【2021年版】バリ取り工具 メーカー7社一覧

バリ取り工具のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バリ取り工具とは

製品を切削したり穴あけなどをする際にどうしても出てきてしまうバリを除去する工具の事を、バリ取り工具といいます。
発生したバリはとても鋭利なため誤って触ってしまうと怪我をする恐れも十分にあります。
また、バリがある事によって製品トラブルの直接的な原因になったりもします。
バリがあることのよって怪我をしてしまった場合、メーカーが責任を負わなければなりません。損害賠償責任を負うことにもなりかねません。
そのため、世の中にある板金部品のほぼ全てでバリ取りが必須となっています。

バリ取り工具の使用用途

バリが発生してしまう場所は、加工したときにできる角部に発生します。
発生をゼロにすることは不可能なため、加工して取り除く必要があります。
その方法はさまざまですが、大まかに分けて5種類あります。以下に説明を記します。

  • 機械加工法
    手仕上げで行う方法と、ボール盤フライス盤といった機器を使用する方法もあります。
    また、エンドミル加工でバリが発生する箇所をあらかじめ加工しておくことで、
    バリが出ないようにするといった工夫がされることもあります。
  • 砥粒加工法
    砥粒と呼ばれる硬い粒状の物質を使用してバリを取り除く方法です。
    その中でも3種類方法があり、砥粒をバリに吹き掛けて除去する砥粒ジェットと呼ばれるものと、砥流を回転する機械にセットし、そこに製品を設置してバリを除去する方法の砥流流動と呼ばれるもの、バリのついた製品と砥粒を同じ容器に入れ、中を回すことによりバリを除去する方法のバレル研磨と呼ばれるものがあります。
  • 熱的加工法
    炎やプラズマなどといった熱を利用してバリを除去します。
  • 化学加工法
    薬品を使用することによりバリのみを溶かして除去する方法のことをいいます。
  • 電気化学的加工法
    電解溶液の中にバリの付いた製品を浸し、電解液を振動させることによって通電を起こしてバリを除去する方法です。

バリ取り工具の原理

バリは金属を加工した際に必ず発生してしまうものです。
製品にくっついて生成されてしまうため、簡単な振動や衝撃でとれるものではありません。
バリがあることにより、製品に対してさまざまな障害を引き起こします。
ですので、上記でも説明しましたが全ての金属加工製品でバリ取りが必要です。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/technical_data/td06/x0031.html
http://benrikougu.com/reamer/
https://mitsu-ri.net/articles/deburring

バリ取り工具のメーカー情報

バリ取り工具のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ビー・エル・オートテック株式会社
  2. 2 三和工機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ライズ
  2. 2 ノガ・ウォーターズ株式会社
  3. 3 ビー・エル・オートテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三和工機株式会社
  2. 2 西部商工株式会社
  3. 3 株式会社クロダ

バリ取り工具のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す