記憶装置

記憶装置

記憶装置に含まれる11カテゴリ一覧です。記憶装置に関する情報を配信しています。

記憶装置の11カテゴリ一覧

記憶装置とは

記憶装置

記憶装置とは、コンピュータの一構成要素で一般的な情報や指示情報を保存しておく場所です。例えばどのようなものがあるかといえば、ハードディスク、フロッピーディスク、CDの類、メモリなどです。記憶装置は大きく2つに分類でき、一つは主記憶装置でもう一つは補助記憶装置です。主記憶装置としては、CPUと直接データのやり取りが行われるものでメモリがそれにあたります。補助記憶装置としては、CPUとは間接的にデータの交換がなされる装置であり例えばハードディスク(HDD)がそれに相当します。

記憶装置の種類

主記憶装置のメモリには大きく分けて2種類あり、不揮発性メモリと揮発性メモリがあります。読み込み専用のROM(ロム)が前者に該当し読み書き用のRAM(ラム)は後者に該当します。RAMは電源オフで記録が消えてしまいますが、ROMは消えません。さらに、RAMにはDRAM(Dynamic RAM)とSRAM(Static RAM)の2種類があります。ROMの代表的なものはフラッシュメモリであり、型としては「NAND型フラッシュメモリ」と「NOR型フラッシュメモリ」があります。またその主なメディアは3種類ありUSBメモリ、SDメモリカード、SSDになります。

その他のROMには書き込まれている内容が変更できない「マスクROM」、一度だけ書き込みができる「PROM」、紫外線照射によって記憶内容を消去可能で再書き込みが可能である「EPROM」、 高い電圧を印加することで記憶内容を消去可能で再書込みが可能な「EEPROM」 などがあります。

記憶装置の技術、仕組み

記憶装置の仕組みの一つとしてアクセス方法には主に2つあります。ランダムアクセスとシーケンシャルアクセスであり、前者はデジタル式のもので任意の位置にアクセス可能ですが、後者は磁気テープのようにアクセスする場所へは順を追っていく方法となります。

記憶装置の媒体を分類すると、半導体、磁気、光学、紙があります。例えば磁気方式ではHDD、フロッピーディスクや磁気テープが代表的であり、光学式ではCD、DVD、BDの読み取り専用のROMタイプ、一度限り書き込みができるRタイプと何度でも書き換えができるRWタイプがあります。

参考文献
https://www.paltek.co.jp/techblog/techinfo/200622-1
https://news.mynavi.jp/article/20200330-1005466/
https://elite-lane.com/internal-memory-device/#toc5



記憶装置関連の会社ランキング

*このランキング機能はβ版です。ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree