新東工業株式会社

【2021年版】エアブラスト5選 / メーカー6社一覧

エアブラストのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


エアブラストとは

エアブラストとは、コンプレッサが作り出す圧縮エアーで研削材を飛ばしてブラストする技術やその装置のことを言います。
エアブラストには直圧式、ブロアー式、サクション式(重力式)があり、加工物の材質や形状によって使い分けます。
研削材も同様にバリエーションがあり、対象物や使用用途によって最適なものを選びます。一般的に、サクション式が最も使用される装置になります。

エアブラストの使用用途

エアブラストは、金属や樹脂、ガラス、石材や木材など様々な素材に対して加工できます。また、材料や加工用途に合わせて、硬さや形状の異なる研削材を使用します。研削材には金属やガラス、ナイロンなど様々な材料が使用されています。

エアブラストによる主な加工は以下のようになります。

  • 加工物の表面を粗す下地処理
  • 加工物の不要な部分を削るバリ取りや精密切削
  • 表面のクリーニングや洗浄
  • 表面を磨き上げる研磨(シリウス加工) など

また、金属の表面をたたいて強度や応力を上げるピーニングに用いられることもあります。

エアブラストの原理

エアブラストは、コンプレッサで圧縮された空気で研削材を噴射させ、対象物に当てることによって様々な加工を施します。
エアブラストは大きく直圧式、サクション式、ブロワー式の3つの方法に分けられます。

直圧式とは、圧縮した空気を加圧タンクに入れ、圧力を上げてから研削材と共に噴射する方法です。3つの方式の中で最も噴射スピードが速い方法になります。

サクション式は、重力方式とも呼ばれています。研削材が加工機のガン内部に収納され、そこで圧縮エアーが研削材を吸引し、ノズルから噴射されます。
圧縮エアーとホッパーからの研削材の流れで重力を利用しているのが、「重力式」とも呼ばれる所以です。
エアガンと同じ原理で、エアブラストの中で最も使用されている方法ですが、直圧式と比べると噴射の力は弱くなります。

ブロワー式は、ブロワーファンからの送風に研削材をのせて飛ばす方法です。コンプレッサが不要のためシステム購入のコストを抑えることができます。
しかし力が弱いため、硬い材質の加工には向きません。

エアーブラストとショットブラストとの違い

ブラスト(blast)とは、「強い一吹き」という意味を持つ言葉ですが、吹き付け方法や研削材の種類に応じて複数のブラスト処理が存在します。中でも主流なのがエアーブラストとショットブラストです。

圧縮空気で研削材を飛ばすエアーブラストに対し、ショットブラストはモーターで高速回転する羽根車から発生させた強力な遠心力を噴射に利用するという違いがあります。

吹付けの威力はショットブラストの方が強く、溶射の下地処理や頑固なサビ取りのように表面を荒く削りたいときにはショットブラストが適しています。一方、エアーブラストは研削材の種類や粒径を調整することでよりソフトな出力が可能であるため、精度が要求される仕上げ加工にはエアーブラストが選択されます。

エアーブラストで使用される研削材の種類

エアーブラストは、粒状の研削材を空気の力で相手材に吹き付けることから、別名「サンドブラスト」とも呼ばれています。

その「砂」のように細かな物質の種類は、樹脂やガラス(珪砂)といった低比重の素材がメインです。仮に金属の研削材を使う場合でもアルミナのような軽金属に限定されます。

なぜなら、空気と混合させて噴射するエアーブラストの特性上、軽い素材のほうが混ざりが良く、効果的に吹き付けることができるからです。

一方、ステンレスや亜鉛などの高比重素材を研削材として使用するには、ショットブラストが使われます。

エアーブラストによるバリ取り

低比重の細粒研削材を使用するエアーブラストが得意とする処理の一つがバリ取りです。ノズルの先端部分に限定して処理を行えるため、複雑形状の相手材でも細部に発生したバリだけを狙い撃ちすることが可能となり、品質改善・省力化に寄与します。

金属ギアのバリ取りはもちろんのこと、工具の刃先のように適度なアールを持たせつつ切削性を改善させる繊細なバリ取りにも対応可能です。エアーブラストによって発生する熱量を抑える工夫を行うことで、熱可塑性樹脂や熱硬化性樹脂に対してもダメージを与えることなくバリ取りを行えます。

参考文献
https://www.sinto.co.jp/product/surface/lineup/airblast/index.html
http://www.kd-k.co.jp/page009.html
http://www.sand-majic.com/blasting.htm
http://www.fujiblastech-thai.com/japanese/efficacyofblast.html
https://www.meishou-kougyou.jp/
http://blast-kakou.com/blast-technology/
https://premium.ipros.jp/fujimfg/product/detail/2000503771/
https://www.fujimfg.co.jp/ApplicationBaritori.html

エアブラストのメーカー情報

エアブラストのメーカー6社一覧


エアブラストのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 株式会社不二製作所
  3. 3 株式会社ニッチュー

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社オオサワ
  2. 2 日高産業株式会社
  3. 3 株式会社ニッチュー

歴史のある会社

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 厚地鉄工株式会社
  3. 3 株式会社不二製作所

エアブラスト5選

LFシリーズ 大型ブラストルーム

株式会社不二製作所 LFシリーズ 大型ブラストルーム 画像出典: 株式会社不二製作所公式サイト

特徴

LFシリーズ 大型ブラストルームは40mまで対応可能な加工室の中にワークを運び込み、作業者によってブラストガンを操作するか、ブラストガンを装着したロボットによってブラスト加工が可能な装置のことです。

使用後の研削材を風力のみで、集めて分離させるシステムのためバケットエレベーターやコンベアなどを必要とせず、設備数が少ないためメンテナンス性に優れています。

加工室内の視界は非常に良好で、架台の高さは400~600mmと超低床設計のため作業性にも優れています。

トラックや建設機械などの部品、水門や橋梁といった大型部品の塗装前処理、溶射前処理、黒皮除去、素地調整、接着前処理またはショットピーニングとして利用することができます。

株式会社不二製作所の会社概要

製品を見る

汎用機 AM-8

株式会社ニッチュー

特徴

汎用機 AM-8はフットスイッチにより噴射制御を行い、作業者がノズルを操作することで容易に処理を行うことができる汎用タイプのエアブラストです。

処理したことで発生する不純物や破砕した研削材と再利用可能な研削材とを分離する高性能サイクロンセパレーターを搭載しています。

集塵機が本体と一体になっているためコンパクトで設置スペースを取りません。

表面粗さ指定や粒度管理が容易で、塗装、化成処理、メッキ、化学研磨、電解研磨の前処理など、多彩な金属材料に対して機械的下地処理が可能です。

株式会社ニッチューの会社概要

製品を見る

エアブラスト直圧式FD-GT

日高産業株式会社 エアブラスト直圧式FD-GT 画像出典: 日高産業株式会社公式サイト

特徴

直圧式FD-GT大型テーブルの間欠回転によりワークを搬送し、小型テーブルに装着されたノズルによってブラスト加工やエアブローを行うシステムを採用したエアブラストです。

加工済みのワークの取り出しと、未加工ワークの設置を繰り返していくことで連続的な作業を行うことができ、ワークは1つずつの対応のためワーク同士が衝突することでの不良排除が可能です。

重力式エアブラストよりも高出力で切削量、加工速度も優れていて、ワーク取り出しおよび搬送用ロボットを併せて導入することでエアブラスト工程を無人化することができます。

日高産業株式会社の会社概要

製品を見る

汎用タイプ[MY-24】

新東工業株式会社 汎用タイプ[MY-24】 画像出典: 新東工業株式会社公式サイト

特徴

MY-24は重力吸引式でスイッチをONにするだけで作業者を問わず容易に扱うことのできる汎用タイプのエアブラストです。

ターンテーブルにワークを搭載して処理を行うタイプで回転は手動式、テーブルサイズはΦ400で30kgまで乗せることが可能です。

集塵機が本体に内蔵されているため作業環境をクリーンに保つことができ、コンパクトボディなため設置場所のスペースをとりません。

Φ6の投射ノズル(ジェット径Φ3)1本によって処理を行います。

新東工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28番12号 大名古屋ビル24階
  • URL: https://www.sinto.co.jp/
  • 創業: 1934年
  • 従業員数: 1,706人

製品を見る

リモコンスタンダード ACRシリーズ

厚地鉄工株式会社 リモコンスタンダード ACRシリーズ 画像出典: 厚地鉄工株式会社公式サイト

特徴

リモコンスタンダード ACRシリーズは汎用性が高く簡単な操作で幅広い用途で使用できる上に、性能、機能共に高いエアブラストです。

噴出力が強く、フェザータッチリモコンを装備しているため、素早く噴出・停止の操作を行うことができ、20~100mという非常に広範囲の作業を可能にしています。

用途に合わせて選択可能な実容積が88~490Lに対応した6タイプがラインアップで、面積の広い作業での利用に最適です。

本体はコンパクトなため、設置場所のスペースをあまり取りません。

厚地鉄工株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す