産業用製品比較のメトリー
メトリー

【2020年版】ガンドリル メーカー6社・14製品一覧

ガンドリルのメーカー6社・14製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガンドリルとは

ガンドリルは、ドリルの先端から降圧の切削油を吹き付けながら穴あけ加工を行うための器具です。これによって切り屑を吹き飛ばしながら加工ができるため深穴加工や細穴加工をワンステップで行うことができ、面仕上げの美しい加工をできます。

ガンドリルは直線性に優れており、高硬度材料や、ステンレス鋼、耐熱鋼などの穴あけ加工が困難な材料でも深穴加工、細孔加工を行うことができます。

ガンドリルを用いた加工は速度と送りの事前検討が重要で前加工と切削条件の条件出しをしっかりと行う必要があります。

ガンドリルの使用用途

ガンドリルは、径に対して5倍以上の深さの深穴加工に向いており、その名の通り本来は小銃や猟銃などの穴あけのために開発されたドリルです。深穴加工を行う際、切り屑によって内部を傷つける恐れがありますが、ガンドリルは切り屑を吹き飛ばしながら加工を行う事ができます。そのため高能率・高精度の深穴加工が可能です。

また、φ3-30の比較的小径の穴あけ加工に向いており、ステップフィードも必要ないため加工時間も短縮できます。

ガンドリルの原理

ガンドリルは、ポンプを用いて高圧で切削油を噴射しながら切削を行います。そのため、ガンドリルの内部は空洞になっており、切削油が循環できるようになっています。切り屑を含む切削油は、ドリルの表面(シャンク)に施されたV字の溝を通って外側に押し出される様になっており、切り屑は後方に設けられたチップボックスで濾過され、切削油は再び循環します。

ドリルの先端の穴は腎臓型(キドニータイプ)や二穴タイプのものなど、様々なものがあり、形状によって送油量やヘッドの剛性などが変わるので、目的に合わせて選択する必要があります。

ガンドリルはシャンクが長いため曲げ剛性が小さいので加工箇所にパイロットブシュが置かれています。これによってヘッドの半径方向切削分力が支えられるので、芯ズレが非常に少なく、高い直進性を得ることができます。50 センチメートルの深さに対して芯ズレはわずか0.3 mmで加工を行うことができます。

参考文献
https://caddi.jp/articles/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4%E3%81%A8%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E6%9D%90%E8%B3%AA%E3%82%92%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%81/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1933/49/10/49_10_1379/_pdf

ガンドリルのメーカー情報

ガンドリルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 サンドビック・コロマント
  2. 2 ミクロ機械株式会社
  3. 3 株式会社ムラキ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ハイタック
  2. 2 ジェムス・エンヂニアリング株式会社
  3. 3 ミクロ機械株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ムラキ
  2. 2 サンドビック・コロマント
  3. 3 ミクロ機械株式会社

ガンドリルのメーカー6社一覧


ガンドリルの14製品一覧

ガンドリルのオンライン購入


モノタロウでチェック


Amazonでチェック

ガンドリルの中古品


中古機械情報百貨店でチェック


ヤフオクでチェック

関連記事

カテゴリから探す