株式会社ダイヘン

【2021年版】シーム溶接機 メーカー8社一覧

シーム溶接機のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シーム溶接機とは

溶接の種類は、大きく分けて3種類に分類されています。

  • 融接
  • 圧接
  • ロウ付け

の3種類です。

シーム溶接は、この中で言うと圧接に相当する溶接技術のことをいいます。
圧接とは、熱した状態の金属同士に圧力をかけて溶接していく事のことを指します。

このシーム溶接が利用されている溶接製品は、缶ジュースや缶詰などの
中身の気密性が必要な部品などによく利用されています。

また、シーム溶接は機械で圧縮して行うため、溶接技術者の技術力に左右されずに
精度の高い溶接をすることが出来るのも特徴のひとつと言えるでしょう。

シーム溶接機の使用用途

シーム溶接機械の溶接部分は、円盤の部品が2つ並んでおり
その円盤に電力を流し、溶接する部品同士をその円盤で挟みこんで溶接をしていきます。

円盤で挟み込んで溶接するため、溶接個所がぶつ切りになることはなく
連続した一直線の溶接線になります。

設備を整えるまでに費用を要してしまうことがデメリットと言えますが、
一度機械を導入してしまえば、安定した溶接技術を手に入れることができます。

また円盤に電流を流して溶接を行うため、通常に溶接と聞いて想像するような激しい火花が出たりすることはありません。
ですので、シーム溶接機は安全面としましても比較的高い安全性のある機械です。

溶接の温度に関しましても、その他の溶接方法と比べ低いことも特徴の一つです。
なので、缶詰などを溶接する際の中身に溶接による悪影響を及ぼす心配もありません。

シーム溶接機の原理

シーム溶接の場合、電流が流れる円盤同士で製品を挟み込んで溶接をしていきます。
溶接をするためには、その挟み込むための取り代も必要になってきます。

また、機械は自動運転ですので溶接の速度や電流の大きさなどをあらかじめ設定したうえで製品を溶接します。
ですので、異なる母材同士の溶接となるとその設定等を変更して、シーム溶接を行う必要があるのです。

溶接時の温度が高いその他の溶接方法と比べると、かなり薄い板材であってもシーム溶接は加工することが可能となっています。

参考文献

https://mitsu-ri.net/articles/processing0016

https://sanki-seam.com/about/

https://tokusyuko-kakou.com/library/metal_glossary_description/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%BA%B6%E6%8E%A5/

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjws/77/8/77_718/_pdf

シーム溶接機のメーカー情報

シーム溶接機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 日本アビオニクス株式会社
  3. 3 電元社トーア 株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ハイマックス
  2. 2 ART-HIKARI株式会社
  3. 3 三起工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 愛知産業株式会社
  3. 3 電元社トーア 株式会社

シーム溶接機のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す