新東工業株式会社

【2021年版】磁気バレル研磨機 メーカー6社一覧

磁気バレル研磨機のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁気バレル研磨機とは

磁気バレル研磨機とは磁力による振動や回転を利用した研磨器のことです。磁気を用いた研磨には様々な方法がありますが、磁気バレル研磨機は磁力を帯びた砥粒により研磨します。砥粒は磁力によって振動や回転運動をさせられ、対象物にぶつかることで徐々に表面が研磨されていくのです。複雑な形状の物でも簡単に研磨できる点が優れています。また、特別な技術は必要なく誰でも簡単に作業できる点や研磨にさほど時間がかからない点がメリットです。

磁気バレル研磨機の使用用途

磁気バレル研磨機は様々なものの研磨に使用されます。例えば、金属のバリ取りや表面のつや出しに用いられます。高速回転によってぶつかる砥粒により磨き上げるので、複雑な形状のものでも十分に研磨することができます。通常の研磨機が入らない入り組んだ形の物や微少な金属部品などは磁気バレル研磨機が適しています。また、短時間で研磨作業を行わなければならない際にも利用されます。専門的な技術が必要なく、研磨スピードも早いため誰でも簡単に使用することができます。

磁気バレル研磨機の原理

磁気バレル研磨機は磁性を帯びた研磨砥粒を対象にぶつけることで研磨しています。砥粒を運動させる方法としては振動式や回転式などがありますが、ここでは主に使われている回転式の磁気バレル研磨機について原理や特徴をご紹介します。

回転式磁気バレル研磨機の原理は単純で、磁力によって砥粒を回転させて研磨を行っています。研磨機は対象を入れる容器の下に磁石と回転盤が取り付けられた構造をしており、容器には研磨対象の他に磁性砥粒、水、コンパウンドが充填されます。容器の下に設置された磁石が回転盤の運動と共に回転することで、容器の中の磁性砥粒が激しく運動し、研磨するのです。ここで、コンパウンドとは界面活性剤のことで、研磨対象の表面を洗浄しながら研磨に役立ちます。

磁気バレル研磨機の最大のメリットは研磨作業が簡単なことです。容器に入れてスイッチを押すだけで自動で研磨を行うため、作業に熟練の技術は必要ありません。また、作業時間も早く、短時間で効率よく研磨を行うことができます。

参考文献
https://www.tipton.co.jp/barrel/barrel-guide/kind/
http://www.yasui.co.jp/j/product/finishing/04.html
https://www.leybold-kk.com/media/2018/03/22/24

磁気バレル研磨機のメーカー情報

磁気バレル研磨機のメーカー6社一覧


磁気バレル研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 株式会社チップトン

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社桜井産業
  2. 2 株式会社ハープ
  3. 3 株式会社イマハシ製作所

歴史のある会社

  1. 1 新東工業株式会社
  2. 2 株式会社チップトン
  3. 3 株式会社イマハシ製作所

関連記事

カテゴリから探す