産業用製品比較のメトリー
メトリー

【2020年版】研削盤 メーカー8社・43製品一覧

研削盤のメーカー8社・43製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


研削盤とは

研削盤とは、高速で回転する砥石に素材を押し当て、微量な加工量で少しずつ加工する工作機械です。

加工量が微量なため表面を削り取るように加工する、加工面がきれいになるため仕上げ加工で使用することが多い、などの理由から旋盤などで行う切削加工と区別して研削加工と呼ばれます。加工方法も、工具刃物ではなく砥石で加工するという特徴もあります。

機械の操作により加工量を正確に調整して加工をする機械研削盤と呼ばれ、いわゆるグラインダーは自由研削盤よ呼ばれて区別されます。

研削盤の使用用途

研削盤は、主に表面の仕上げ加工に用いられます。切削加工により、形状や精度を整えた一次・二次加工を施した後、寸法や表面性状をさらに精度よく仕上げるために研削加工を行います。

表面粗さの小さい部品は、シャフトやシリンダなど、精度が重要になる基幹部品に欠かせないものです。

また、研削盤で使用される砥石は大変硬く、加工することができるため、工具や刃物、ガラスや宝石などのように通常の切削加工では加工できない材質のものを加工するのにも用いられます。

研削盤の原理

研削加工は、研削砥石を高速で回転させ表面を削り取って精度良く加工するものです。

研削砥石は砥粒を結合剤で固めたもので、内部には気孔が無数に存在します。砥粒は加工時に切れ刃の役割をし、加工の度に結合剤から剥離して切り粉とともに排出されます。さらに砥石に気孔が無数にあることによって、目詰まりを起こすことなく切り粉をスムーズに排出することができます。このように研削加工は、剥離と排出が常に繰り返されて常に新しい砥粒が使用されるので、非常にきれいな加工面を形成することができます。

研削加工はその特性上、加工量が非常に小さく砥石を表面に繰り返し往復させるので、加工による熱が大量に発生します。そのため、切削油などをかけ続けて常に冷却しながら加工する必要があります。

また、研削盤は硬い材質も加工できるというメリットもありますが、それらの材質のものは脆いので割れを防ぐために一度に僅かな量子化加工できません。そのため、加工時間が長くなってしまうというデメリットもあります。

参考文献
https://pub.nikkan.co.jp/uploads/book/pdf_file5bb2d971ab76a.pdf

研削盤のメーカー情報

研削盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社シギヤ精機製作所
  2. 2 日清工業株式会社
  3. 3 富士産機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日清工業株式会社
  2. 2 松澤精工株式会社
  3. 3 株式会社ゴーショー

歴史のある会社

  1. 1 株式会社シギヤ精機製作所
  2. 2 株式会社丸栄機械製作所
  3. 3 株式会社飯田鉄鐵所

研削盤のメーカー8社一覧


研削盤の43製品一覧

研削盤のオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

研削盤の中古品


中古機械情報百貨店でチェック


東信機工株式会社でチェック


株式会社コトブキでチェック

関連記事

カテゴリから探す