【2021年版】フライスカッター メーカー9社一覧

フライスカッターのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フライスカッターとは

フライスカッターとは、正面フライスやフェイスミルとも呼ばれ、工作機械に取り付けて刃物を回転させ、テーブル上の加工物を切削していく工具です。

他の切削工具と比べて一度に切削する範囲が広いため、広い平面や側面を一気に削っていくことで、効率良く加工することができます。様々な工作物においても、まず平面を削ることから始まることが多いため、フライスカッターは金属加工をする上でほぼ必要不可欠な切削工具と言えます。

フライスカッターの使用用途

一度に加工する面積が広いため、平面や側面、段付き加工などの面加工に使われ、なおかつ高い面精度で加工することができます。

一般的には刃物の直径が大きいため、円周状に複数枚のチップ(刃)を均等に設けています。

種類によってチップの枚数や外径、さらには刃の取り付け角度も異なるため、平面加工するときでも、複数のフライスカッターを併用しながら加工することも多いので、加工するとき場所によって適切なカッターを選定する必要があります。

フライスカッターの原理

カッターの直径が大きくなるほど、たくさんの面積を削ることができますが、同時に機械にかかる負荷も大きくなるため、よりパワーの大きい工作機械が必要になります。

チップの枚数では、多いほうが一枚にかかる負荷が小さく、1回転あたりの切削量が多くなりますので、直径が大きく、かつ枚数が多いカッターが加工能率は高い一方、枚数が多ければ1枚1枚の間隔が短くなってしまい、切りくずがカッターに詰まりやすくなってしまうので、たくさんの切りくずが出る荒加工では注意が必要です。

また、刃の取り付け角にも種類があり、カッターを横から見たときの挿入角(アキシャルレーキ角)と、裏からみたときの挿入角(ラジアルレーキ角)の二種類が種類や用途によって異なります。例えば、アルミやといった軟鉄は、両方の角度が大きくついているものを選び、反対に鋳鉄といった硬くパサパサな金属は、切りくず排出性を重視するため、両方の角度が小さいカッターを選びます。

フライス用サイドカッター

サイドカッターは、長く深い溝を大量にフライス加工する場合、特に横型フライス加工機を使用する場合に使用されています。

サイドカッターを使用することにより、開いた溝、閉じた溝、ギャングスリット加工、突切りなどの溝フライス加工を行うことができます。

サイドカッターには、様々な外径や厚みに対応したものが展開されており、これらを使い分けることにより、目的とする溝の長さや深さの加工形状を得ることができます。

サイドカッターを使用する際には、少なくとも1つの刃先が常に切削部に食付くように、カッターサイズ、ピッチおよび位置を制御する必要があります。また、サイドカッターによる切削加工はガウンカットによって行うことが推奨されています。

フライスカッターの切削条件

フライスカッターで切削するため条件には、切削速度、送り速度、カッターの外径などがあり、使用するカッターの材質や被切削対象物の材質によって適宜設定されます。

送り速度に関しては、カッターの長寿命化を優先する場合や、被切削対象物が硬い場合、荒加工の場合、摩耗の進行が急激な場合には比較的小さく設定されます。

一方、切削性のよい材料の場合、仕上げ削りや精密仕上げなど平滑な仕上げ面が必要な場合には送り速度が比較的高く設定されます。

またカッターの1刃当たりの送り量(送り速度、カッターの刃数、カッターの回転数から算出)に関しては、被切削対象物を安定的に固定できない形状である場合、被切削対象物が薄く安定的に固定できない場合、仕上げ削りや精密仕上げなど平滑な仕上げ面が必要な場合、切刃がチッピングを起こす場合で送りを下げても最小送りを下回らないとき、深溝を削る場合には比較的小さく設定されます。

一方、強固に取付けられた被切削対象物に対して重切削を行う場合、切削性のよい材料の場合、断続した被加工面の場合、逃げ面摩耗が急激に増大する場合、機械がビビル場合には送り量が比較的大きく設定されます。

参考文献
https://mitsu-ri.net/articles/processing0039
https://www.sandvik.coromant.com/ja-jp/knowledge/milling/pages/groove-or-slot-milling.aspx
https://mrt-metalsaw.com/archives/technology/condition
https://www.atom21.co.jp/dcms_media/other/calc.pdf

フライスカッターのメーカー情報

フライスカッターのメーカー9社一覧


フライスカッターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 株式会社日研工作所
  3. 3 株式会社イシイコーポレーション

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ノア
  2. 2 株式会社イシイコーポレーション
  3. 3 有限会社パール金属

歴史のある会社

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 株式会社日研工作所
  3. 3 有限会社パール金属

関連記事

カテゴリから探す