【2021年版】フライスカッター メーカー9社一覧

フライスカッターのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フライスカッターとは

フライスカッターとは、正面フライスやフェイスミルとも呼ばれ、工作機械に取り付けて刃物を回転させ、テーブル上の加工物を切削していく工具です。

他の切削工具と比べて一度に切削する範囲が広いため、広い平面や側面を一気に削っていくことで、効率良く加工することができます。様々な工作物においても、まず平面を削ることから始まることが多いため、フライスカッターは金属加工をする上でほぼ必要不可欠な切削工具と言えます。

フライスカッターの使用用途

一度に加工する面積が広いため、平面や側面、段付き加工などの面加工に使われ、なおかつ高い面精度で加工することができます。

一般的には刃物の直径が大きいため、円周状に複数枚のチップ(刃)を均等に設けています。

種類によってチップの枚数や外径、さらには刃の取り付け角度も異なるため、平面加工するときでも、複数のフライスカッターを併用しながら加工することも多いので、加工するとき場所によって適切なカッターを選定する必要があります。

フライスカッターの原理

カッターの直径が大きくなるほど、たくさんの面積を削ることができますが、同時に機械にかかる負荷も大きくなるため、よりパワーの大きい工作機械が必要になります。

チップの枚数では、多いほうが一枚にかかる負荷が小さく、1回転あたりの切削量が多くなりますので、直径が大きく、かつ枚数が多いカッターが加工能率は高い一方、枚数が多ければ1枚1枚の間隔が短くなってしまい、切りくずがカッターに詰まりやすくなってしまうので、たくさんの切りくずが出る荒加工では注意が必要です。

また、刃の取り付け角にも種類があり、カッターを横から見たときの挿入角(アキシャルレーキ角)と、裏からみたときの挿入角(ラジアルレーキ角)の二種類が種類や用途によって異なります。例えば、アルミやといった軟鉄は、両方の角度が大きくついているものを選び、反対に鋳鉄といった硬くパサパサな金属は、切りくず排出性を重視するため、両方の角度が小さいカッターを選びます。

参考文献
https://mitsu-ri.net/articles/processing0039

フライスカッターのメーカー情報

フライスカッターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 サンドビック・コロマント
  3. 3 株式会社日研工作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ノア
  2. 2 株式会社イシイコーポレーション
  3. 3 有限会社パール金属

歴史のある会社

  1. 1 三菱マテリアル株式会社
  2. 2 サンドビック・コロマント
  3. 3 株式会社日研工作所

フライスカッターのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す