【2021年版】テーパーピンリーマ メーカー2社一覧

テーパーピンリーマのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


テーパーピンリーマとは

テーパーピンリーマとは、テーパー差し込み穴(角度のついた穴)の下穴の面粗度を向上し滑らかなに仕上げを施す切削用工具です。

金属材部品などの下穴を滑らかにし面粗度の向上を図り正確な加工を施すことが出来ます。

主に、機械加工で使用され、仕上げだけではなく下穴の拡張にも用いられることがあります。

また、加工後の使用用途としては、位置決め用のピンなどの非常に重要な部品に使用され使用用途は様々です。

テーパーピンリーマの使用用途

テーパーピンリーマの使用用途としては、フライス盤ボール盤などの加工機でテーパー差し込み穴(角度のついた穴)の下穴を開け、
正確な拡張と仕上げを行う用途に使用されます。

テーパーピンや位置決めピンなどの穴の加工に使用され、FA装置や治具などの様々な用途と部品に使用されます。

  • テーパーピン
    主な使用用途としては位置決めに使用されます。
    テーパーの摩擦によりピンが抜けにくく精度が高いことが特徴です。
    テーパーピンにはねじ穴などが開いている製品もあります。

テーパーピンリーマの原理

テーパーピンリーマの構造はシンプルですが下記のようにさまざまな要因を考える必要があります。

下穴の仕上げ加工の際に使用すれば、加工面の滑らかさ(面粗度)を向上することが出来ます。
また、加工面の滑らかさ(面粗度)の向上を実現するには外周のマージン部が重要になります。
加工面にマージン部を押し付け加工する働きにより、穴あけ加工部分の面の滑らかさ(面粗度)が向上されます。

マージン部の幅を広げることにより面の滑らかさ(面粗度)は向上しますが、
加工する材質に合わせ最適なマージン部の幅を考える必要があります。

軟材質(アルミ・銅合金・鋳鉄など)の加工の際には厚めのマージン部、
硬度の高い材質などの加工の際には薄めのマージン部での加工が最適です。

テーパーピンリーマの取り付けた際に芯ずれの状態で加工をすると、
性能が発揮されず正確に仕上げができず面が荒くなりますので取り付けの際には注意が必要となります。

ストレート刃とスパイラル刃などがあり使用用途に合わせる必要があります。

参考文献
http://tool.jisw.com/01310/post_120.html
https://kikakurui.com/b4/B4401-2009-01.html
https://www.takamaz.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/no.15.pdf
https://www.kanagawa-iri.jp/MatchingPortal/tech/kk-shimokawa/kk-shimokawa.html

テーパーピンリーマのメーカー情報

テーパーピンリーマのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社栄工舎
  2. 2 足立総業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 足立総業株式会社
  2. 2 株式会社栄工舎

歴史のある会社

  1. 1 株式会社栄工舎
  2. 2 足立総業株式会社

テーパーピンリーマのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す