【2021年版】ハンドソー メーカー7社一覧

ハンドソーのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハンドソーとは

ハンドソーは、金属やプラスチック、もちろん木材などの切断が手軽にできる手動ののこぎりです。

電源が無くても利用でき、使い方も簡単なので、自宅でも使い易いのが特徴です。

切断できるものは、金属やプラ以外にも塩化ビニルなどの硬いものを切断することも可能です。

また、ハンドソーには替刃ができるものとできないものがあります。

替え刃ができるタイプは、用途に応じて刃を切り替えることが可能なので、幅広く、長く使うことができます。

ハンドソーの使用用途

ハンドソーは、電源なしで手軽に金属やプラスチックなどの切断に使います。

家庭では、DIYや日曜大工をはじめ、粗大ごみの分解、切断などに幅広く使えます。

木材より、金属や樹脂製のかたいものを切るときに使い、パイプや棒状のものなど、切断面積が小さい材料の切断に向いています。

また、DIYではアルミ、さらに樹脂製パネルやパイプなどの切断にも使用でき、木材用のと区別して使われます。

家庭にも、一本備えておくと、いざというときに力を発揮してくれる道具です。

ハンドソーの原理

本体は一般的に弓型の形状をしており、薄く細い刃を取り付けて使用します。

先端に付いた付属のネジを回すことで刃にテンションがかかる構造となっており、力を入れたときに刃が曲がりにくく、硬いものの切断も可能です。
また、グリップは刃の延長線上にあり、ゴム皮膜がされているものや木製のものがあり、力が入りやすい形状になっているため効率的な作業が可能です。

グリップは、洋ノコ型のような縦型のものもあり、直線型と比較して力を入れやすく、より硬い材料を切るのに適しています。

材質に応じた刃を取り付けることで、鉄やステンレス、アルミなどの金属、樹脂や木材なども簡単に切断可能です。

ハンドソーの刃にはバイメタルやコバルトが使用され、耐久性が高いため長寿命で、折れたときにも飛散しにくいので安全性の高さも特徴です。

また、弦のないタイプもあり、こちらは、刃の張力が弱いので硬いものより、細かい部分を切断するのに向いています。 

参考文献
https://electrictoolboy.com/media/13986/
https://osusume.mynavi.jp/articles/4939/

ハンドソーのメーカー情報

ハンドソーのメーカー7社一覧


ハンドソーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 工機ホールディングス株式会社
  3. 3 株式会社マキタ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社やまびこ
  2. 2 工機ホールディングス株式会社
  3. 3 アサダ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社マキタ
  2. 2 パナソニック株式会社
  3. 3 株式会社アマダマシナリー

関連記事

カテゴリから探す