産業用製品比較のメトリー
メトリー

【2020年版】バリ取り機 メーカー5社・22製品一覧

バリ取り機のメーカー5社・22製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バリ取り機とは

バリ取り機は、金属や樹脂などを加工した成型品のバリ取りに使用されます。

成型品の材質はステンレス、銅、アルミ、鉄、チタンといった金属をはじめ、傷がつきやすいプラスチック等の樹脂もあります。材質によってバリ取りの方法が異なりますのでバリ取り機には、様々なタイプがあります。ブラシでこするタイプや小石に似たビーズを照射するタイプ、レーザーで除去するタイプなどがあります。コンベアベルトを持つバリ取り機は作業が簡単で効率が良い構造です。

バリ取り機の使用用途

切削加工、プレス、射出成型といった加工が施された金属やプラスチック等の樹脂の成型品ではバリが発生しますので、販売されている製品のほとんどにはバリ取りが施されています。工場で生産される成型品にはバリ取り機が多く利用されています。

小型の部品から、板金やパイプ、アングルなど大型の金属に対してもバリ取りが必要なのでバリ取り機は多種展開しています。バリ取りだけでなく酸化被膜除去やヘアライン加工なども同時に行う場合があります。

バリ取り機の原理

バリ取り機はブラシが回転して表面のバリを取り除くタイプが多くあり、板金等の大型の形状の成型品にも利用されています。今回はブラシタイプの原理を説明します。

スチールワイヤーやステンレスワイヤー、真鍮線といった金属でできたブラシが回転しながら成型品を研磨します。ブラシには馬毛や豚毛、植物繊維などの天然素材を使用する場合もあります。高速で回転し、バリの取り方に偏りがないよう小さな部品でもまんべんなくブラシが当たる構造になっているものが多いです。

成型品の材質や形状に応じて、研磨するブラシの長さや形状、毛の材質等を変えて調節します。

ブラシの形状は平面の研磨やエッジのバリ取りに適しているホイルブラシ、底やコーナーの磨きが得意なエンドブラシ、ねじ穴など細かい穴の洗浄とバリ取りに使用できるコンデンサブラシ、小型の部品や宝石などに向くミニチュアブラシなど様々で、使い分けています。

ブラシによるバリ取りは、基本的には寸法を変化させるために削り取るものではありませんが、バリだけでなく錆や汚れを取り、表面に磨きをかけることができます。

参考文献

https://mitsu-ri.net/articles/deburring#:~:text=%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%AE%E9%9A%9B%E3%81%AB%E7%99%BA%E7%94%9F,%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%82%E9%A0%BB%E7%B9%81%E3%80%82

https://burrtec.co.jp/industrial/knowledge/baritori/

バリ取り機のメーカー情報

バリ取り機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 村田ツール株式会社
  2. 2 株式会社エステーリンク

設立年の新しい会社

  1. 1 オーセンテック株式会社
  2. 2 村田ツール株式会社
  3. 3 株式会社エステーリンク

歴史のある会社

  1. 1 トーバン工業株式会社
  2. 2 株式会社富士機工
  3. 3 株式会社エステーリンク

バリ取り機のメーカー5社一覧


バリ取り機の22製品一覧

関連記事

カテゴリから探す