パナソニック株式会社

【2021年版】ジグソー メーカー2社一覧

ジグソーのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ジグソーとは

ジグソー

ジグソーとは、ブレードと呼ばれる細い刃を動かして材料を切断する工具です。

電動で動くため、ノコギリよりも簡単に材料を切ることができます。また直線状に切るだけではなく、ブレードを変えることで曲線状に切り出すことも可能です。

切り出す材料により、使うブレードが分かれています。ブレード次第で、木材からプラスチックまで幅広く対応できます。

材料を様々な形状に切り出すことを主な目的としていますが、違う使い方もできます。先にドリル等で穴を開け、その穴を起点にジグソーを動かすことで材料のくり抜きも可能です。

ジグソーの使用用途

ジグソーは主にDIYで用いられることが多いです。

自分で家具などを組み立てる際、購入した材料を想定している形に切り出す必要があります。直線状のカットであればノコギリでも可能ですが、曲線状の切り出しは難しいです。またノコギリは直接手を動かすため、材料が多い時は負担も大きくなります。

ジグソーを用いることで、様々な形状を簡単に切り出すことができます。

便利な道具である一方、操作音がうるさかったり、切りくずが周りに飛んだりするなどのデメリットも存在します。

ジグソーの原理

ジグソーで物が切れるのは、ブレードの動きによるものです。ブレードが上下に細かく動くことで、材料を切ることができます。対象となる材料により、ブレードの形も異なります。

  • 木材用
    一番ジグソーで用いられるタイプです。ノコギリと同じように、大きなギザギザした刃が特徴です。

同じ木材でもいくつか種類があります。1つ目は高速切断用です。速く切り出せるように刃のギザギザが通常のものより、大きくなっています。2つ目は仕上げ用です。切断面をきれいに仕上げるため、ギザギザが細かくなっています。

  • 金属用
    木材用に比べ、細かい刃がたくさんついています。金属は木材よりも固いため、ブレードに力が加わりやすくなります。たくさんの細かい刃にすることで、かかる力を分散させ、ブレードの負担を少なくしています。
  • プラスチック用
    木材や金属に比べ、熱に弱い性質があります。そのため切断時の摩擦でプラスチックが溶け、バリと呼ばれる不良が発生しやすいです。

バリを防ぎやすくするため、刃は波のような緩いカーブがかかった形状になっています。

参考文献
https://mybest.com/1346?utm_campaign=terrace&utm_medium=organic&utm_source=Yahoo
https://electrictoolboy.com/media/14964/
https://www3.roymall.jp/shop/e/ejigsaw/
https://makit.jp/03061/
https://makit.jp/00684/
https://e-ny.net/32744
https://www.kda1969.com/words/words_pla_6h_02.htm

ジグソーのメーカー情報

ジグソーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社マキタ

設立年の新しい会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 株式会社マキタ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社マキタ
  2. 2 パナソニック株式会社

ジグソーのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す