【2021年版】磁気研磨機 メーカー4社一覧

磁気研磨機のメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁気研磨機とは

磁気研磨機とは、磁気の力を利用して物体の表面を研磨する装置のことです。磁力を帯びた研磨粒子を試料裏面から当てた磁石の力で動かします。磁石を高速回転させることで、研磨粒子は高速で表面の凹凸部分に当たり、均一に研磨することができるのです。また、手が入らない場所や一般的な研磨器では処理が難しい微細な位置での研磨が可能です。研磨粒子は液体の中で激しく運動させられるため、複雑な水量が発生します。細かな面にも侵入することができるため、微少は研磨に適しているのです。

磁気研磨機の使用用途

磁気研磨機は複雑な物体の研磨に利用されます。研磨粒子の含まれた液体を磁力によって高速運動させることで研磨しているので、複雑な構造部分や微少な面もなめらかにすることができます。一般的な研磨器では狭い部分の研磨は非常に困難ですが、磁気研磨機では研磨することができます。具体的には次のような場合に利用されます。

  • バリ取り加工
  • 金属のさび取り
  • 酸化膜の除去
  • 表面のつや出し

形状に関わらず高い精度で研磨できるため、様々な場所で活用されている研磨器の一つです。

磁気研磨機の原理

磁気研磨機は磁力による運動を利用して物体を研磨しています。構造としては研磨材を入れる容器の下に磁石が用意され、回転運動させられるようになっています。

まず、容器に研磨メディアである磁性粒子や、それらを動かす溶液、研磨対象を入れます。次に下に設置された磁石を回転させます。磁石を高速で回転させることでN極とS極が入れ替わり、容器に入れられた磁性粒子が運動することになります。この高速で変化する磁場の中では磁石の影響を受けて液体に複雑な流れが発生し、研磨対象の表面を削っていきます。

研磨メディアは高速に運動しますが、その動きは不規則であり様々な方向から研磨対象にぶつかります。これが数千回、数万回と繰り返されることによってなめらかな研磨を可能にしているのです。また、直接接触させる研磨機が届かないような狭い部分でも研磨メディアを含む溶液は浸入することができるので、より微細な場所でも均一に研磨することが可能です。

参考文献
https://www.polishing-qcd.net/polish_youshiki/magnetism.html
http://www.priority.co.jp/Product_info/ProINFO_WhatsPRI.html
http://www.priority.co.jp/Tech_info/Tech_sys.html

磁気研磨機のメーカー情報

磁気研磨機のメーカー4社一覧


磁気研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 有限会社桜井産業
  2. 2 株式会社ハープ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ハープ
  2. 2 有限会社桜井産業

関連記事

カテゴリから探す