【2021年版】ウォーターポンププライヤー メーカー7社一覧

ウォーターポンププライヤーのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ウォーターポンププライヤーとは

ウォーターポンププライヤーは、配管やナット、六角ボルトなどをつかむ工具です。ニッパーやペンチといったプライヤーよりもつかむことができる対象が広く、幅を調節できることが特徴です。

もともとは配管などの円形のものをつかむことが多かったので、つかむ口の部分に溝ができていて、がっちり安定してつかめる構造になっています。

ウォーターポンププライヤーは小型から比較的大型まで幅広くサイズが展開されてるので、使いやすいサイズを選ぶことができます。

ウォーターポンププライヤーの使用用途

ウォーターポンププライヤーの主な用途は水道の配管工事です。他の用途として、様々な大きさのパイプや部品がつかめるので、水道だけでなくガスや電気など配管や電線関係の工事でもよく利用されています。

ウォーターポンププライヤーはにぎりやすく、角度がついて曲がっているので力が入りやすいので、通常のニッパーやぺンチといったプライヤーの代用としても使用できます。また、柄が長いタイプは、せまい場所の作業に使いやすいです。

ウォーターポンププライヤーの原理

ウォーターポンププライヤーと他のプライヤーと比較すると、ウォーターポンププライヤーは挟み口とハンドグリップの部分が少し曲がった形状になっています。そのためナットや配管が締めやすく、使いやすい構造です。さらにつかみやすいように挟み口にギザギザした溝がついています。

また、ウォーターポンププライヤーの挟み口は、5~6段階で幅を調整することができます。幅の調整は簡単で、少しづつ挟み口をずらしていくと、繋ぎ部分が溝を移動していくので、挟み口の幅を広げたり縮めたりすることができます。

ほとんどの製品は挟み口が鉄でできています。挟む対象がある程度硬いものでないと、力を加えた時に破損してしまう可能性があります。対象物が壊れやすい場合は、挟み口がプラスチックでできている製品を選択します。

ウォーターポンププライヤーは、小さい製品では12.5㎝程度から、大きい製品では56㎝程度のものまで販売されています。対象物の大きさによって、挟み口に入る製品を選択する必要があります。

参考文献

https://sq.jbr.co.jp/library/1251

https://electrictoolboy.com/media/7181/

https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/waterpumpplier_howtouse/#:~:text=%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%94%A8%E9%80%94&text=%E6%B0%B4%E9%81%93%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%8B%E3%81%AB,%E6%8C%9F%E3%82%80%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%E3%82%82%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

ウォーターポンププライヤーのメーカー情報

ウォーターポンププライヤーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ヨドバシカメラ
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 株式会社リバークレイン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社リバークレイン
  2. 2 株式会社ヨドバシカメラ
  3. 3 トラスコ中山株式会社

歴史のある会社

  1. 1 TONE株式会社
  2. 2 京都機械工具株式会社
  3. 3 トラスコ中山株式会社

ウォーターポンププライヤーのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す