【2021年版】メタルカッター メーカー2社一覧

メタルカッターのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


メタルカッターとは

メタルカッターとは、その名の通り金属素材を裁断するハサミ、およびカッターの類いの総称です。手動の手鋏み式のものと、エアーメタルカッターと呼ばれるコンプレッサ等の動力を繋いで出力する電動式があります。

鋏本体は切断用途に応じて、オプションの補助固定具がセットされていたり、二枚刀式で美しい切断面が得られる2枚刃メタルカッター、穴空けニブラカッターなども繁用されています。

安価なものでは、手鋏み式で1000円台~で、種類も豊富です。金属素材だけでなく厚手ウールや表畳を切ることも可能です。

メタルカッターの使用用途

主な使用目的としては、鉄鋼板やアルミニウム板の裁断です。電動式エアメタルカッターではかなりの厚手金属板の裁断が可能です。ガルバリウム波板でもカット面の仕上がりが美しい断面ですので建材加工には欠かせない工具のひとつです。

そして、金属、軽金属板だけではなく、塩ビ板やカーペットなどの裁断にも使用できます。
リフォームや趣味の工芸作品製作でも裁断ツールとして重宝されます。アルミニウムや銅板などの比較的柔らかい金属素材で立体製作をする際にも高頻度で使用されています。

メタルカッターの原理

手動式では鋏の柄(え)の部分が長く、テコの原理で容易く加力できるので薄手鉄板ならば裁断可能です。固定刃といわれる鋏の両端を支える台座があるカッターでは、片方の柄だけに体重をかけ押し切ることで厚手の銅板などにも鋏が入れられます。

鋏の部分が長いほど掛ける力が必要ですので、一人での作業をする場合は台座付きの短めの刃先だと効率が良いでしょう。

無理な厚みや曲線を裁ち切ろうとすると金属板は反ってしまうものですが、そのような資材を扱うときは2枚刃先のメタルカッターを推奨します。

電動式メタルカッターは裁断線を2本作り出すことで、板を分割する際、両端を美しくカットすることが可能です。カッティングと同時に螺旋状のテープダストが出るのがこの2枚刃先のメタルカッターの特徴です。

ニブラカッターと呼ばれている電動式メタルカッターは尖端ロッドを付け替えることにより金属板に穴を空けたり、連続裁断で自由な曲線を再現することが可能です。複雑な作業もコードレス式のハンドグリップタイプのものが市販されており軽快な使用感が好評です。
刃先は鋼や超硬質合金で作られていて、刃こぼれ以外では手入れも容易な工具です。

参考文献
https://www.amazon.co.jp/%E9%87%91%E5%B1%9E%E5%88%87%E5%89%8A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E9%87%91%E5%B1%9E%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%80%91/dp/B07PCMX852/ref=asc_df_B07PCMX852/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=280371344611&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=9287656671032867879&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=t&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009129&hvtargid=pla-655453442566&psc=1

メタルカッターのメーカー情報

メタルカッターのメーカー2社一覧


メタルカッターのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社阪神交易
  2. 2 株式会社ツノダ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ツノダ
  2. 2 株式会社阪神交易

関連記事

カテゴリから探す