【2021年版】ピロー包装機 メーカー10社・52製品一覧

ピロー包装機のメーカー10社・52製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ピロー包装機とは

整袋充てん包装機のひとつで、食品や医薬品、機械部品などをピロー包装(パッケージ)する機械です。

包装形態が「枕」のような形をしているため、ピロー包装と呼ばれ、高速大量包装に向いています。

製品の包装の際にガス充填が可能で、製品の劣化のスピードを緩める事が出来ます。

ピロー包装は製品の真空や無菌化は不可能であり、シール時に熱を加えるため熱に弱い製品には不向きです。

その他にシュリンクシール(熱収縮)による包装機、小箱詰機、真空包装機など包装する製品によって適切に使い分けをします。

ピロー包装機の使用用途

主に食品業界や医薬品のまとめ包装で使用されています。
医薬品の包装に適したGMP対応の包装機もあり、機械の各ゾーンが分割されています。

縦型ピロー包装機は上部から製品をフィルム内に落とすと破損する可能性があるものには不向きです。
小麦粉や飲料水、マヨネーズ、スナック菓子、もやし、機械の部品などの包装に向いています。
縦に連続で個包装されている菓子や、側面や底にマチがある包装も可能です。

横型ピロー包装機はトレー容器、氷菓、チョコレート、乾麺、野菜、おもちゃ、文房具、医薬品のまとめ包装が可能で、逆に粉や顆粒、液体は不向きです。

横型ピロー包装機にはさらに背面シールが製品の下の「正ピロー包装機」、シール部分が製品の上の「逆ピロー包装機」に分類されます。

ピロー包装機の原理

  • 縦型ピロー包装機
    フィルムを筒状にし、重なり合った部分をシールし、製品を上から詰め、上部を横にシールし切り離します。
    ピロー包装機にはガス充填機や、包装のマチ作成、フィルムのズレ修正装置、製品の噛み込み防止、センサーにより空包装防止など目的に合わせて様々な機能を追加することが可能です。
  • 横型ピロー包装機・正ピロー包装機
    フィルムが製品上部から供給され、上から包み込むように筒状にし、重なり合った部分をシールします。
    包装した製品をシール・カットしますトレー上の製品、形状が一定の製品、軽量の製品のい包装に向いています。
  • 横型ピロー包装機・逆ピロー包装機
    フィルムは機械の下から供給し、製品を下から包み込むように筒状にし、重なり合った部分をシールします。
    包装した製品をシール・カットします。
    製品の上にシールがあるため、巻き込み確認が容易で、正ピロー包装より重量物の包装に向いています。
    製品はフィルムの上に置くので、水気多いものや長尺野菜の包装が可能で、コンベアの汚れが少ないです。

参考文献
https://www.orikane.co.jp/orikanelab/2102/
https://www.jpml.jp/expert/knowledge/
https://www.sanko-shoji.jp/pg128016.html

ピロー包装機のメーカー情報

ピロー包装機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フジキカイ
  2. 2 大森機械工業株式会社
  3. 3 株式会社精工

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社メインテックス
  2. 2 株式会社ヨコセロ
  3. 3 ロック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社精工
  2. 2 株式会社フジキカイ
  3. 3 日東公進株式会社

ピロー包装機のメーカー10社一覧


ピロー包装機の52製品一覧

ピロー包装機のオンライン購入


モノタロウでチェック

ピロー包装機の中古品


ヤフオクでチェック


Alibaba Groupでチェック

関連記事

カテゴリから探す