株式会社ダイヘン

【2021年版】電気溶接機 メーカー3社一覧

電気溶接機のメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電気溶接機とは

電気溶接機はアーク放電を利用して金属同士を溶接する機器です。

電気溶接機には直流インバーター溶接機や交流アーク式溶接機などがあります。電力供給のためのコンセントが必要ないバッテリー式の電気溶接機もあり、持ち運びに便利で電源が無いような場所での作業に適しています。

一般家庭用の電圧である100Vで使える電気溶接機も販売されています。アセチレンなどの可燃性ガスを使用する場合には資格が必要になりますが、電気溶接機を使用する際には資格は必要ないために取り掛かりやすい溶接機です。

電気溶接機の使用用途

溶接機は金属加工を行う工場では使用されますが、一般の生活ではなかなか使う用途はありません。しかし、金属を使用して棚や小物などを作る場合には電気溶接機を持っている場合といない場合では作れる物が大きく違ってきます。

例えば、溶接機を持っていないと金属パーツ同士を直接くっつけることが出来ずに、ネジとナットで繋げなければなりません。パイプや板などの単純な形状でしたらネジとナットでも繋げることは可能ですが、複雑な形状になるとどうしても溶接機を使う必要が出てきます。

電気溶接機の原理

電気溶接機はアーク放電を起こすことで金属を溶かすほどの高温を発生させて溶接棒を溶かします。溶けた溶接棒は糊の役目をはたして金属パーツ同士を接合させますが、この時の接合は金属結合となりますので非常に強い結合力となり、一度溶接すると人間の力では引き離すことが難しくなります。

電気溶接機で溶接できる素材はアーク放電で溶かされた溶接棒と金属結合を起こす物質ですが、溶接棒の素材により異なりますので素材に応じて専用の溶接棒を使用します。一般的には軟鉄、ステンレス、鋳鉄などの鉄系の材料を溶接させることができます。

電気溶接で使用するアーク放電は高電圧により空気中に電気が流れている状態です。アーク放電は強い光を発する上に有害な紫外線も含まれていますので、放電中の溶接部を直接見ると目に損傷を受けますので、電気溶接機を使用する際には眼を守る保護具が必須になります。

また、アーク放電は溶接機と溶接する金属がそれぞれ電極になっていて溶接する金属に電気が流れていますので、電気の回路を形成することと感電防止のために溶接物のアースを取る必要があります。

参考文献
https://www.homac.co.jp/guide_detail/id=16
https://diyclip.roymall.jp/tool/1082745

電気溶接機のメーカー情報

電気溶接機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 スター電器製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東邦インターナショナル株式会社
  2. 2 スター電器製造株式会社
  3. 3 株式会社ダイヘン

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 スター電器製造株式会社
  3. 3 東邦インターナショナル株式会社

電気溶接機のメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す