【2021年版】ダイヤモンドソー メーカー10社一覧

ダイヤモンドソーのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ダイヤモンドソーとは

ダイヤモンドソーとは、精密切断装置に用いられる切断する工具の種類で、ダイヤモンドの砥粒が刃の部分に固着されています。
切断による衝撃や粉塵が小さく、複雑な形状であったり、サイズが小型なものや、強度が小さい脆いものなどの切断もすることが出来るため、研究開発などの小型サンプル等の切り出しから、構造物の解体などの大規模工事にも用いられています。
ソーの形状には、ワイヤーやホイールなどのタイプがあり、それぞれワイヤーダイヤモンドソーや、ホイールダイヤモンドソーなどと呼ばれ、区別されています。

ダイヤモンドソーの使用用途

ここで、ダイヤモンドソーの使用用途について説明します。
ダイヤモンドソーは、セラミックスや、様々な種類のガラス、陶器、タイルや鉄筋コンクリートなど、様々な硬質の材料を切断することなどに用いられています。
研究開発から、生産、解体まで様々な分野に利用されています。
卓上型から大型のサイズまであり、切断したい対象物の大きさに合わせて適したものを選んで使用します。
ホイールダイヤモンドソーは、ホイールを回転させることで切断するため、硬い対象物でも安全に切断することができ、滑らかな切断面にすることができます。
ワイヤーダイヤモンドソーは、固定した対象物にワイヤーを下ろして切断するため、対象物に負荷をかけないので、脆い材質のものや、硬度の異なる対象物でも破損することなく切断することが出来ます。

ダイヤモンドソーの原理

ここで、ダイヤモンドソーの原理について説明します。
ダイヤモンドソーは、切断する刃の表面部分に、ダイヤモンドの砥粒が用いられており、このダイアモンドの高い硬度によって、硬質の対象物を加工することが出来ます。
そのため、電着しているダイヤモンドの砥粒の大きさや密度で、ワイヤーの性質が異なります。
切断したいものに往復運動するワイヤーや回転運動するホイールを接触させることで、切断することが出来ます。
切断負荷を調節することで、切断する速度をコントロールするため、様々な硬質の対象物に適した負荷と速度で、破損などすることなく、安全できれいに切断することが出来ます。

参考文献
http://www.musashino-denshi.co.jp/wire/
https://orist.jp/content/files/technicalsheet/20-06.pdf
https://www.nobelgiken.com/wiresaw01.html
https://www.newmetals.co.jp/cat04/cat0402/list.html

ダイヤモンドソーのメーカー情報

ダイヤモンドソーのメーカー10社一覧


ダイヤモンドソーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 NITTOKU株式会社
  3. 3 株式会社シブヤ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社モトユキ
  2. 2 NITTOKU株式会社
  3. 3 山真製鋸株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  2. 2 株式会社真田製作所
  3. 3 株式会社シブヤ

関連記事

カテゴリから探す