トラスコ中山株式会社

【2021年版】スパイラルリーマ メーカー8社一覧

スパイラルリーマのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スパイラルリーマとは

スパイラルリーマーとは、一般的な直刃のリーマーとは違い、刃が右ねじれになっており、加工時の切り粉がドリルと同様に穴の入り口に向かいます。

一般的なリーマーと同様に高い精度の穴明け加工を行うことができます。

刃にねじれを付けることで切削力の低減と面粗さの向上を狙うことができ、ねじれ溝により切り粉の排出性を良くし、ビビリを防止することができます。

右ねじれリーマー(スパイラルリーマー)と左ねじれリーマー(ヘリカルリーマ、ブローチリーマー)があり左ねじれリーマーは呼び名が異なります。

スパイラルリーマの使用用途

スパイラルリーマーは、ドリルなどで開けられた下穴を所定の穴径に仕上げるための穴仕上げ用工具の一種です。

貫通穴や止り穴どちらも使用できます。直刃のリーマーでは困難な穴側面の面粗さを確保することができます。

位置決め用などの穴径に高い精度を求められる自動車部品や航空機部品、電子部品などの加工の際に活躍します。その分リーマの選定は良い製品を産み出すためにとても重要なので、多方向から検討して適切なものを選びましょう。

スパイラルリーマの原理

精度の必要な穴あけ加工でリーマーを選定する場合は、直刃のリーマーがほとんどの用途に適用されます。加工が安定指定しない被削材などは、スパイラルリーマーなどのように、刃をねじる事で切削抵抗を軽減しビビリを防止する必要があります。

スパイラルリーマー(右ねじれリーマー)は切れ味がよく切りくずの流れも良いので、良好な仕上面になりステンレスや鋼合金に適しています。

ヘリカルリーマ、ブローチリーマー(左ねじれリーマー)は擦り効果が大きく、仕上面が良くて安定した穴加工ができ、アルミ、銅、鋼等に適しています。

加工中は、切削油を十分に供給する必要がありますが、材質や加工条件によって切削油の種類を選定する必要があります。黄銅は切削油を使用しなくとも加工面の良否にあまり影響を受けません。なお、リーマーはコーナ部の逃げ面摩耗が約0.5 mm前後の摩耗幅を示したら工具寿命と捉え再研削を行なう必要があります。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/readingseries/kakougenba_0702/
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/reamer/

スパイラルリーマのメーカー情報

スパイラルリーマのメーカー8社一覧


スパイラルリーマのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 株式会社栄工舎
  3. 3 株式会社京二

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社セガワツールサービス
  2. 2 株式会社ソリッドツール
  3. 3 株式会社東洋ドリル

歴史のある会社

  1. 1 エフ・ピー・ツール株式会社
  2. 2 株式会社京二
  3. 3 株式会社栄工舎

関連記事

カテゴリから探す