日本航空電子工業株式会社
日本圧着端子製造株式会社
日本オートマチックマシン株式会社

【2021年版】圧着機 メーカー8社一覧

圧着機のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


圧着機とは

圧着機とは、「圧着」と呼ばれる作業によって電線などを結合させる工具のことです。圧着とは配線と圧着端子を押しつぶすことによって結合させる作業で、圧着機は上下から挟み込むようにして押しつぶします。ペンチのような見た目で、力を加えることで配線を変形させています。また、手動式と電動式の圧着機があり、用途によって使い分けられます。特に太い配線では人の力では圧着できない場合があるので、電動式の圧着機を用いて自動で配線を押しつぶします。

圧着機の使用用途

圧着機は様々な場所で配線の圧着に使用されます。例えば電線や自動車、家電製品です。これらの内部にはたくさんの配線がありますが、圧着機を用いて結合させることができます。具体的には配線の皮膜を剥き、圧着端子で挟み込んだ上から圧着させることで結線します。また、熱や薬剤に弱い部分の結線にも用いられます。配線を結合させる場合はハンダ付けを行うのが一般的ですが、中にはハンダ付けが難しい物もあります。圧着機は熱や薬剤を必要としないので多くの配線で使用することができるのです。

圧着機の原理

圧着機は配線と端子を押しつぶす圧着により結合させる工具です。手動式と電動式の圧着機がありますが、ここではこの二つの原理や特徴についてご紹介します。

  • 手動式圧着機
    ペンチのような形状をしており、配線と圧着端子を挟み込むように押しつぶすことで圧着します。変形させられた配線や端子が元に戻ろうとする力が働くため、機械的にも電気的にも強固な結合にすることができます。
  • 電動圧着機
    手動圧着機と同様に圧着しますが、押しつぶす作業を電動で行います。配線は太くなるほど圧着が難しく大きな力を必要としますが、電動圧着機ならば簡単に結合させることができます。特に電線などは非常に太いため人の力で圧着させることは困難で、電動の圧着機が用いられます。しかし、電池や電源が必要になるため重く小型化は難しくなり、価格も高くなります。また、電源コードが必要な物だと電源を確保することが難しい屋外での使用が難しくなります。

参考文献
https://diytools1.com/2016/04/10/post-13890/
https://t-denso.com/archives/256
https://genki-heiwado.com/kougu/blog/2016/11/15/

圧着機のメーカー情報

圧着機のメーカー8社一覧


圧着機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本航空電子工業株式会社
  2. 2 工機ホールディングス株式会社
  3. 3 日本圧着端子製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 広栄商事株式会社
  2. 2 東京アイデアル株式会社
  3. 3 日本圧着端子製造株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アイテック株式会社
  2. 2 日本オートマチックマシン株式会社
  3. 3 工機ホールディングス株式会社

関連記事

カテゴリから探す