ジェフコム株式会社

【2021年版】リーマー メーカー17社一覧

リーマーのメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


リーマーとは

リーマー

リーマとは、穴仕上げ加工用の工具のことで、ドリルなどの切削工具で事前に加工された、完成の最終の穴よりも小さい径の下穴に対して、設計書などにある穴のサイズや表面の精度の要求されている仕様に合わせて、高精度に仕上げ作業をすることを目的として使用されています。
リーマは、ドリルと区別されており、一般に刃先が6枚から8枚程度が付いていて、円形からズレや誤差の少ない穴に仕上げることが出来ます。
リーマによる加工には機械から手動まであり、加工対象物の材質で、硬度が低いものなどを加工する場合などの状況に合わせて、大型の機械を用いずに、手作業で仕上げ作業を行います。

リーマーの使用用途

ここで、リーマの使用用途について説明します。
リーマは、様々な分野の業界で使用されており、部品を製造する生産業で用いられています。自動車や航空機の部品から、電子部品やノズルなど、その用途は多岐にわたり、高い精度を必要とする穴加工に用いられます。
リーマには、機械に取り付けて使用するものから、手動で使用するものなど、大きさが異なるものや、長さや刃の付き方が異なるものなど、様々な種類があります。
加工したい対象物の材質や、切削加工時に用いる液の性質によって切削できるスピードが変わってくるため、それらを考慮した上で、穴の形状や寸法に合わせて最適なリーマを選択する必要があります。

リーマーの原理

続いて、リーマの原理について説明します。
リーマは、円筒形や円錐形の軸の外周に、一般に6枚から8枚の切削刃がついた形状をしており、これを、機械か手動によって回転させることで、穴のサイズや表面を整えながら切削していきます。
ドリルとは、シャンクの部分の形状が異なっており、種類によって、らせん状のものやストレートな形状をしているものがあります。
リーマによる切削加工は、ドリルよりも真円度が高く、円形から誤差や表面の粗さが少なくて精度の高い仕上げ作業を行うことが出来ます。

参考文献
http://www.fptools.com/reamer.html
https://toolnavi.jp/convenient/knowledge/page2
https://www.monotaro.com/s/c-69550/

リーマーのメーカー情報

リーマーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日研工作所
  2. 2 ジェフコム株式会社
  3. 3 三洋工具株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 イスカルジャパン株式会社
  2. 2 太子精工株式会社
  3. 3 坂本精工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社デンテック
  2. 2 大見工業株式会社
  3. 3 エフ・ピー・ツール株式会社

リーマーのメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す