株式会社ダイヘン

【2021年版】スタッド溶接機 メーカー11社一覧

スタッド溶接機のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スタッド溶接機とは

スタッド溶接機とは、平らな金属板などの母材にスタッドと呼ばれているナットやボルトなどの専用部品を溶接するための溶接機のことです。

その他のねじを金属板に付加する方法と比べて、スタッド溶接による接合にかかる時間は非常に短いので、強度が非常に高い上に、生産性が高く量産できることから、多くの分野で利用されており、不可欠な溶接技術の一つです。

また、溶接技術に熟練した職人の経験などを必要とせず、スタッド溶接機の設定をするだけで操作は容易に行えるので、作業者が変わることによる品質にばらつきが出ないことも特徴です。

スタッド溶接機の使用用途

ここで、スタッド溶接機の使用用途について説明します。

スタッド溶接機は、金属板をスタッド溶接で接合する目的で使用され、板金加工業、自動車産業、建築や土木などの建設関係などの様々な分野で広く利用されています。

具体的には、板金加工では、精密機器の板金や、自販機や制御盤の製造などに使用されており、自動車産業では、およそ3万個程あると言われている自動車部品の接合はすべてスタッド溶接によって行われています。建築や土木業界では、ビルやマンションの基礎部分など強度が必要とされる部分に使用されています。

スタッド溶接機の原理

続いて、スタッド溶接機の原理について説明します。

スタッド溶接の原理は、スタッド溶接機の電極部分にスタッド部品を挟んで電流を流すことで、金属板と部品の間に火花が生じ、この熱で母材と部品の接点を溶かしたところに押し付けることで溶接させています。
スタッド溶接には、主に以下に示す3つの方式があります。

  • 電力アーク方式
    電力アーク方式は直流電流を用いることで、厚みのある母材に太い部品を溶接することができるため、高い強度が求められる用途に採用されている方式です。
  • ショートサイクル方式
    ショートサイクル方式は、電力アーク方式を制御して、さらに短い時間で作業する溶接方式です。自動車産業で用いられる防錆効果のある亜鉛メッキが付加された母材に溶接する際に、亜鉛メッキを溶かすことでスタッド溶接を行うことが出来ます。
  • コンデンサ方式
    コンデンサ方式は、直流電流ではなく交流電流を充電したコンデンサーを使用したもので、溶接時間がスタッド溶接の中でも100分の一ほどと超微小で、厚みが薄い母材や材質が鉄でない材料でも溶接を行うことができます。

参考文献
https://www.yashima-corp.jp/yousetsuki/stud-welder/
https://www.daihen.co.jp/products/welder/stud/
http://www.asiagiken.co.jp/products/product01.html
https://mitsu-ri.net/articles/stud-welding

スタッド溶接機のメーカー情報

スタッド溶接機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 株式会社アルティア

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社スタッドテック
  2. 2 アジア技研株式会社
  3. 3 株式会社日本フラッシュ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ダイヘン
  2. 2 株式会社アルティア
  3. 3 日本ドライブイット株式会社

スタッド溶接機のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す