ロボット

ロボット

ロボットに含まれる40カテゴリ一覧です。モバイルロボット・協働ロボット・アーク溶接ロボット・スカラロボットなど幅広く、カテゴリの概要・原理・使用用途の検索や、製造メーカー・代理店を探すことができます。

ロボットをカテゴリ別に探す

ロボットとは

ロボットとは、人の代わりとなって作業を行う機械全般のことを指します。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が発行している「NEDOロボット白書2014」によれば、ロボットは「センサー、知能・制御系、駆動系の3つの要素技術を有する、知能化した機械システム」と定義されています。センサーひとつをとっても、視覚センサや力覚センサ、赤外線センサなど枚挙にいとまがなくこれら組み合わせは無限で、ロボットと呼ばれる製品は世の中に多種多様に存在しています。

ロボットのその他の情報

ロボットの種類

先述した通り、ロボットと呼ばれる製品は多種多様であるため、ここでは代表的なロボットについてご紹介いたします。

1. モバイルロボット

工場内などで無人で物を搬送するロボットのことを指します。AGV (Automatic Guided Vehicle) と呼ぶこともあります。車輪がついており、荷物を積載した状態で工場内での運搬業務を担います。カメラで障害物を自動認識し避けながら自走するものや、ライントレースするものなどがあります。

モバイルロボットについて詳しくみる

2. ピックアンドプレースロボット

物をピックアップし、それを決まった位置に置き直すロボットのことを指します。スカラロボットや直交ロボット、パレタイザーロボットによって実現されることが多く、ビジョンシステムなどと組み合わせることでランダムピッキングを実施することも可能です。

ピックアンドプレースについて詳しくみる

3. 協調ロボット

人と協調しながら作業を行うロボットのことを指します。ビジョンシステムや力検知システムなどを搭載しており、人への影響を検知すると動作を停止させたり減速したりと、人に危害を加えることなく働くことができます。

協調ロボットについて詳しくみる

ロボットを工場に導入するメリット

例えばロボットを工場に導入すると、これまでは作業員が実施していた「物の取り置き」のような単純作業を自動化することができます。

従来は、これら単純作業をNC機器などを用いて自動化することが一般的でした。しかし「設備規模が大きくなる」「汎用性がない」というような理由から、垂直多関節ロボットや協調ロボットをはじめとする各種ロボットによって実現することに注目が集まっています。

これらロボットは複雑な動作が可能であるため、省スペースでありながら様々な作業を作業員に代わって実行することが可能になるのです。

ロボット注目ランキング

製品の閲覧数をもとに算出したランキング



ロボットの価格が安いランキング



ロボット関連の会社規模ランキング

Metoreeに登録されている企業の従業員数順でのランキング


ロボット関連の会社の返答が早いランキング

Metoreeにアカウントがある企業の返答が早い順でのランキング

1 株式会社ハチハチハウス

平均返答時間: 1.57時間

1992年

埼玉県

2 遠藤工業株式会社

平均返答時間: 1.59時間

197人

1935年

新潟県

3 Industry Alpha株式会社

平均返答時間: 1.85時間

東京都

4 株式会社モノリクス

平均返答時間: 2.98時間

2016年

東京都

5 株式会社マキテック

平均返答時間: 4.34時間

1,142人

1974年

愛知県

6 オリムベクスタ株式会社

平均返答時間: 9.05時間

62人

1984年

東京都

7 アネスト岩田株式会社

平均返答時間: 9.12時間

1,764人

1926年

神奈川県

8 シュンク・ジャパン株式会社

平均返答時間: 9.89時間

35人

2009年

東京都



ロボットの関連製品

すべてのカテゴリグループから探す

Copyright © 2024 Metoree