株式会社IZUSHI

【2021年版】ドリルチャック メーカー9社一覧

ドリルチャックのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ドリルチャックとは

ドリルチャック

ドリルチャックとは、ドリルやドライバーなどの回転工具を固定するためのチャックです。電動ドリルや旋盤などの工作機械において工具を機械側に固定するために使用されています。

ドリルチャックにはキー付ドリルチャックとキーレスドリルチャックがあります。キー付きの場合はチャックキーと呼ばれるハンドルを接続して回し、キーレスの場合はドリルチャック上に設けられた回転スリーブを回転することで切削工具がチャックされます。

ドリルチャックの使用用途

ドリルチャックはドリルやドライバーなどの工具を固定するために使用され、電動ドリルや電動ドライバーなどの小型機械、旋盤やフライス盤などの比較的大型の加工機械の回転部に据え付けられています。

これらの工作機械は加工する穴径やねじのサイズにより使用する工具が異なるため、加工手順ごとに工具を交換する必要があります。ドリルチャックを使用することで工具の着脱・交換を容易に行うことができるため、作業性が向上します。

ドリルチャックの原理

ドリルチャックは主に工具を固定するための爪、爪が押し出されると同時に間隔が狭まるように設計された爪ガイド、爪を押し出すための送りねじによって構成されています。3個の爪は円周上に120°の間隔で配置され、工具を3点で固定することにより常に軸の中心がる一致するように設計されています。

キー付きの場合はハンドルを用いて、キーレスの場合は手動でドリルチャックのホルダーを回転させると、送りねじによって爪が押し出され幅が狭まり、工具をチャックします。製品によりますが一般的に爪の間隔は1mm程度から6mm以上まで広がるため、様々な外径の工具を固定することができます。

一方で、工具外径との接触面積は3個の爪の先端部のみであるため、工具の強度によっては工具表面が変形する可能性があります。数マイクロメートル程度の精密な加工を行いたい場合やスライスバーを用いて位置出しを正確に行いたい場合には、工具を外周のほぼ全面で固定できるコレットチャックが使用されます。ただし、コレットチャックを使用する場合には、工具の外径毎にチャックを用意する必要があります。

参考文献
https://www.muraki-ltd.co.jp/tool/products/tooling/drillchuck.html
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/427/ 

ドリルチャックのメーカー情報

ドリルチャックのメーカー9社一覧


ドリルチャックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日研工作所
  2. 2 ユキワ精工株式会社
  3. 3 トップ工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社グレゴリー
  2. 2 エムエス工業株式会社
  3. 3 株式会社日研工作所

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ムラキ
  2. 2 株式会社IZUSHI
  3. 3 株式会社GLOBE

関連記事

カテゴリから探す