【2021年版】ロータリー研削盤 メーカー7社一覧

ロータリー研削盤のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ロータリー研削盤とは

ロータリー研削とは、回転する丸いテーブルに材料を置いて砥石で上面を研削を行う機械
です。

面積の大きい材料を研削することに適していることや、多数の材料をテーブルに置くこと
ができる研削機です。

平面研削には、テーブルが左右に動くタイプ、回転するタイプに分けられます。

  1. ロータリー研削
     大きい丸いテーブルに材料を置きテーブルが回ることで砥石が上面を研削。
  2. 平面研削
     テーブルに材料を置いてテーブルを左右に動かし砥石を当てることで研削。

ロータリー研削盤の使用用途

ローターリ研削の使用用途について説明します。

ロータリー研削は、回転するテーブルに材料を置いて研削することで、砥石が材料全体に
当たることで研削効率の良い研削盤と言えます。

研削の種類については3つあります

  • テーブルが回るタイプ
  • テーブルが左右に動くタイプ
  • 材料が回るタイプ
  1. テーブルが回るタイプ
    ロータリー研削盤
     テーブルに多数の材料を置いて研削するため効率が良い。
  2. テーブルが左右に動くタイプ
    平面研削盤
     常磐はマグネットになっているため材料を保持できる。
  3. 材料が回るタイプ
    円筒研削盤
     材料を回転させて外形を研削する

ロータリー研削盤の原理

ローターリ研削の特徴について説明します。

ロータリー研削は、回転するテーブルに材料を置いて研削することで砥石が、材料全体に
当たることで研削の効率が良いと言えます。

研削盤の特徴

  1. ロータリー研削
     テーブルに材料を置きテーブルを回転させて研削をします。
     テーブルに多数の材料を置いて研削するため量産性が良い。
     材料の平面の粗加工などに使われます。
  2. 平面研削盤
     テーブルに材料を置いて左右に動かし研削する。
     常磐はマグネットになっているため材料を保持できる。
     平面度・平行度を求められる材料を研削。
  3. 円筒研削盤
     材料を回転させて外形を研削する。
     表面処理工程の前後に研削する。

まとめ
テーブルに材料を置いて砥石を当てて研削すのが研削盤といいます。

研削にも、テーブルが回るタイプ、テーブルが左右動くタイプ、材料が回るタイプ
のテーブルの運動タイプがあります。

一度に研削する量は、工具による切削より少ないですが、砥石で研削することの方が
表面を綺麗に仕上げます。

粗削りから仕上げまで1台で研削できるのが研削盤の魅力と言えます。

参考文献
https://daimei-k.com/dictionary/

ロータリー研削盤のメーカー情報

ロータリー研削盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 株式会社ナガセインテグレックス
  3. 3 株式会社進興製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 東洋精機工作所
  2. 2 株式会社市川製作所
  3. 3 株式会社ナガセインテグレックス

歴史のある会社

  1. 1 住友重機械工業株式会社
  2. 2 株式会社岡本工作機械製作所
  3. 3 株式会社進興製作所

ロータリー研削盤のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す