【2021年版】卓上フライス盤 メーカー5社一覧

卓上フライス盤のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


卓上フライス盤とは

卓上フライス盤は、通常工場などで使用されるフライス盤を、テーブルトップ用に小型化したものです。

通常のフライス盤と同様、回転する主軸に取り付けられた切削工具(フライス)により材料を切削します。

業務用のフライス盤は大型かつ高価ですが、卓上フライス盤を使用すれば、家庭でも気軽に工作に取り組むことができます。

卓上フライス盤の構成として、主軸、コラム、サドルが備え付けられています。主軸の方向に応じて縦型と横型に分類されています。

卓上フライス盤の使用用途

卓上フライス盤は、フライスによって材料を上下・左右・前後方向に動かして加工させることができ、硬い金属などの切削加工に主に用いられます。

切削加工という特質から、金属材料に、平面や曲面、溝などを作りたい場合に適しています。

家庭やオフィスなどでも使用でき、容易に材料の加工を行うことができます。

一方でフライス加工しにくい材料もあり、角のある材料ではフライスには曲率があるため、全辺に直角を出すことが難しくなります。

その場合、あえて角に曲率を残したままにするか、あるいはニガシと呼ばれるコーナーを少し広げる加工法を施します。

卓上フライス盤の原理

ここではフライス盤の特徴についてもう少し詳細に見てみます。卓上フライスであってもおおよそ同様に考えることができます。

フライス盤の構造に応じて、テーブルを上下する場合と主軸を上下する場合の2つが存在します。それぞれ「ひざ形」と「ベッド形」と呼ばれます。

ひざ形では、テーブルを上下させるため、加工物の形状が異なっていても容易に加工することができます。

主軸の向きに応じて立形(垂直方向)と横形(水平方向)とがありますが、現在では立形の方が主流となっています。

これはエンドミルと呼ばれるドリルに似た形状の工具により、側面の刃で切削する方法が主流となっているためです。

あるいはフェイスミルと呼ばれる工具により、材料を平面状に切削する手法も立形において良く用いられます。

一方でベッド形においては主軸を上下させることで、強力な切削加工が可能となります。ひざ形と同様に立形と横形とがあります。

いずれもテーブルが移動しないため、精度を維持する観点や積載重量の観点などから、ひざ形と比べて利点があります。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/milling/
https://www.senban.jp/nyuumon/10.html
https://www.makino.co.jp/ja-jp/machine-technology/machines/other

卓上フライス盤のメーカー情報

卓上フライス盤のメーカー5社一覧


卓上フライス盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社キソパワーツール
  2. 2 株式会社ナノ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ナノ
  2. 2 コスモキカイ株式会社
  3. 3 株式会社キソパワーツール

歴史のある会社

  1. 1 株式会社井上高速機械
  2. 2 株式会社キソパワーツール
  3. 3 コスモキカイ株式会社

関連記事

カテゴリから探す