【2021年版】バフ研磨機 メーカー11社一覧

バフ研磨機のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バフ研磨機とは

バフ研磨機は、研磨機の一種です。主にステンレスの表面仕上げなどの用途で使用されます。バフ研磨の主な目的としては、「表面を綺麗にすること」と「バリや切粉などを除去すること」の2つが挙げられます。目的によって最適な研磨の粗さが異なるため、作業の際には注意が必要です。

バフ研磨機の使用用途

バフ研磨は、研磨の最終工程で鏡面仕上げを行うために使用されます。主にステンレスに対して使用されますが、ステンレス以外にもアルミやチタンなどの金属、アクリルやABS 樹脂などの樹脂にも使用することが可能です。

金属加工品は、そのままでは「加工時に発生するバリ」や、「切粉や油、汚れなどの付着」が存在するため、製品として出荷するためには、これらを除去しなければなりません。このため、上記のような研磨工程を経て、表面処理を行う必要があります。
バフ研磨は、粗削りや中間仕上げなどの前工程で研磨しきれなかった表面の凹凸を滑らかにし、汚れを落とすことができるので、表面処理のなかでも最終工程に適しています。

バフ研磨機の原理

バフ研磨は綿やフェルト、ウール、スポンジなどで作られた、「バフ」を回転させ対象物に当てることで表面を削り、表面処理を行います。研磨時の少しの力加減や研磨位置のブレなどで仕上がりが変わってしまうため、非常に繊細な作業が必要とされます。
研磨の粗さは番手と呼ばれる数字で区別されており、一般的にこの数字が大きくなるほど細かい研磨となります。通常、研磨は粗い番手から細かい番手という流れで複数回に分けて行われます。

バフ研磨は、表面を綺麗にすることができるという特徴の他にも、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 乱反射が抑えられる
    表面を十分に滑らかに仕上げることができない表面処理方法では、乱反射が発生してしまいますが、バフ研磨により、表面が鏡面のように仕上がるので、乱反射を抑えることもできます。
  • 製品精度が向上する
    バフ研磨により、表面の凹凸をより少なくすることができ、製品精度の向上が期待できます。

参考文献
https://www.chuo-buff.com/qa.html
https://www.nitto-kinzoku.jp/archives/technic/buff/#:~:text=%E3%83%90%E3%83%95%E7%A0%94%E7%A3%A8%E3%81%A8%E3%81%AF,%E8%A1%A8%E9%9D%A2%E3%82%92%E7%A0%94%E7%A3%A8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://caddi.jp/articles/%E3%83%90%E3%83%95%E7%A0%94%E7%A3%A8%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%EF%BC%9F%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%84%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%82%E5%90%AB%E3%82%81%E3%81%A6%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

バフ研磨機のメーカー情報

バフ研磨機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社野水機械製作所
  2. 2 株式会社柴山機械
  3. 3 シケン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 合同会社フジヨシ
  2. 2 シーフォース株式会社
  3. 3 株式会社浩伸技研

歴史のある会社

  1. 1 株式会社野水機械製作所
  2. 2 株式会社山縣機械
  3. 3 東武バフ株式会社

バフ研磨機のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す