【2021年版】卓上旋盤 メーカー6社一覧

卓上旋盤のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


卓上旋盤とは

まず旋盤とは、加工したい金属などの材料を回転させ、その表面に金属の刃物(バイト)をゆっくりと当てることで、円筒形に削る機械のことです。

業務用の旋盤は大型で高価なため、小型でテーブルトップ使用が可能なものとして卓上旋盤があります。

卓上旋盤は大きく、ベッド、主軸台、刃物台、心押台から構成されます。

主軸台における主軸では材料を固定し、一定の速度で回転させます。刃物台では切削用の金属の刃物を固定します。

さらに心押台は主軸台と対向に設置されており、先端部を変更すればドリル穴加工もできます。

卓上旋盤の使用用途

卓上旋盤は、回転する材料に対してバイトによる切削加工が施せるため、金属のような硬い材料に対して加工する場面でよく用いられます。

個人でも取り扱いやすく、様々なメーカーから卓上旋盤が販売されています。

通常の旋盤と同様、円筒形状の加工を得意としています。穴あけや、ネジ加工が必要な場面で卓上旋盤はとても有効です。

元々、旋盤は自動車、航空機、建設機械などの機械製造の場面で用いられてきましたが、卓上旋盤の登場により、より身近な場面での機械加工が可能となっています。

卓上旋盤の原理

旋盤の特徴について、もう少し詳しく見てみます。卓上旋盤も基本的には同様に考えることができます。

旋盤の構造に応じて縦旋盤と横旋盤とがあり、主軸の方向に応じてこれらを区別することができます。

前者は主軸が垂直方向、後者は水平方向となります。

縦旋盤では、底面に主軸で、上面に刃物台が設置されており、垂直方向に重量のある加工を行いたい場合に適しています。

対象物に重力や遠心力が均等にかかるため、加工の精度が良くなるというメリットがあります。

その一方で、垂直方向ですので、あまり長さのあるものだと加工が難しく、逆に、小さなものを少し加工したい場合には手間を要してしまいます。

横旋盤では、水平方向に主軸が配置されており、縦旋盤と比べて容易に加工をすることができます。

縦旋盤では難しかった長い材料の加工がしやすく、さらに切削時の粉塵の排出性に優れているという点が特徴的です。

デメリットとして挙げるとすれば、縦旋盤と比べるとやや精度の高い加工がしづらいという点が挙げられます。

参考文献
https://www.nakamura-tome.co.jp/2020/09/24/article_00001/
https://www.senban.jp/nyuumon/20.html
https://www.toyoas.jp/products/category/senban/detail.html?p=54

卓上旋盤のメーカー情報

卓上旋盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社エグロ
  2. 2 碌々産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 コスモキカイ株式会社
  2. 2 株式会社光畑製作所
  3. 3 寿貿易株式会社

歴史のある会社

  1. 1 碌々産業株式会社
  2. 2 株式会社長谷川機械製作所
  3. 3 株式会社エグロ

卓上旋盤のメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す