株式会社池田理化
和研薬株式会社
入江株式会社

【2021年版】マッフル炉 メーカー17社一覧

マッフル炉のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マッフル炉とは

炉内に磁気製熱板配置し、ヒーターが露出しない隔壁(マッフル)を使うことで、試料へ直接熱源が当たらない炉で、一般的なマッフル炉では常用温度850℃前後で使用します。

陶芸用などに使用される電気炉は、炉内にヒーターが露出されているもので、マッフル炉とは区別されます。

加熱、融解、乾燥したい試料となる金属や粉末には、直接熱源に当たらず間接的にサンプルが熱源が加わるため、試料の汚染が防げます。

炉内の断熱材にはアルミナシリカを主成分とした無機繊維のセラミックファイバーが用いられ、急熱、急冷に強く化学的に安定した素材です。

機種によっては温度の昇降をプログラム制御出来るものもあります。

温度センサにはR熱電対やK熱電対、B熱電対を採用し、構成材料や温度範囲が異なるので適切なものの使用を推奨します。

安全装置として過電流ブレーカーやマイコン異常検知装置がついています。

マッフル炉の使用用途

セラミックス(タイルやガラス、がいし)の焼成には炉内雰囲気の変化が少なく精密な制御が必要なためマッフル炉が用いられます。

成分分析試験の重金属・ヒ素などの試験では試料の前処理として、マッフル炉を用いて灰化させたものを用いて分析する事があり、医薬品、食品の試験に用いられています。

灰化試験では試料に熱を加えたときに残留する物質の量を測定するのにマッフル炉が用いられ、医薬品・食品の試験に用いられます。

ガラスや金属の熱処理に用いられます。

マッフル炉の原理

熱源が炉内にヒーターが露出しておらず、炉体がヒーターを覆っており直接熱源が試料に当たらないため、試料の汚染の心配がありません。

熱源を隔壁で覆い直接露出しない構造と断熱保温性に優れたセラミックファイバーを使用したものであるため、炉内は急激な雰囲気の変化が少なく、精密な温度制御が可能です。

熱源を発する熱板が上下左右4面に配置されており、高速な昇温が可能となっています。

熱源には鉄ークロム線(常用温度850℃)や、より高温使用(1600℃)では二硅化モリブデンなどが用いられます。
この発熱原理は抵抗加熱で電流を流し、熱を発生させる方法で、電気エネルギーが100%熱に変換されるため非常に効率的で、熱量=電力量なので温度の管理が簡単に行えるメリットがあります。
 
温度センサにはJIS規格熱電対であるR、K、Bなどが使用され、それぞれ規定される温度範囲が異なります。
熱電対とは、異なる2種類の金属導体で構成された温度センサで、例として対象物の温度と室温の差を電気信号として検出される仕組みです。

JIS規格による温度センサが管理されているため、炉内の温度管理について信頼性を持たせております。

扉と炉体(本体)の間には隙間があり、それぞれ熱による膨張率が異なるため、破損防止のための仕様となっています。

参考文献
https://www.yamato-net.co.jp/word/40
https://www.keyence.co.jp/ss/products/recorder/lab/thermometry/thermocouple.jsp
https://www.hakko.co.jp/qa/qa_0_01.htm
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000680527.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000641289.pdf

マッフル炉のメーカー情報

マッフル炉のメーカー17社一覧


マッフル炉のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 フルテック株式会社
  3. 3 株式会社池田理化

設立年の新しい会社

  1. 1 デンケン・ハイデンタル株式会社
  2. 2 Anshan Leadsun Electronics Co., Ltd.
  3. 3 ジャスコインタナショナル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 株式会社ニッカトー
  3. 3 入江株式会社

関連記事

カテゴリから探す