治具

治具

治具に含まれる33カテゴリ一覧です。治具に関する情報を配信しています。

治具の33カテゴリ一覧

治具とは

治具

語源は海外発祥のJIGであり治具はその当て字と言われています。大元には「音楽に合わせて体を上下に動かし跳ね回るように陽気で軽快に踊る」の意味があります。そしてJIGはモノづくりにおいてモノを効率的に生み出すときの補助的な器具の意味でもあります。 日本語としての治具では言葉を定義する範囲が広く曖昧です。

治具には加工するワーク(材料)を固定する目的であったり、機械で加工する時のツール、例えば切削ツールのドリルやエンドミルなどを所定の位置にガイドする(導く)目的であったり位置決めする目的の補助具であったりします。英語圏では固定する器具を表す言葉として、JIGの代わりにFIXTUREという別の単語が使われます。

治具はより精密で且効率的にモノを作ったり測定したりする場合に、加工するワーク(材料)や加工した部品に適合させるために既存の器具や治具を改造したり要新規調達である補助的な器具は比較的何でも「治具」または「ジグ」と呼ぶことができます。

治具の種類

治具の種類としては主に大きく次の3つが挙げられます。 1. 部品の生産を効率よく行うためのものであり、例えば塗装マクキング治具、固定治具など。2. 製品の組み立て時に使われるものであり、例えばカシメ治具、超音波溶着治具など。 3. 部品の検査に使われる検査治具や測定治具であり、例えば接触式での寸法測定を行うために測定基準となる基準(データム)からの寸法測定で定盤を適用できない時に専用の治具を作製する事もあります。

治具の例

生産効率化のためによく用いられる2つの事例としては、 製品組み立てにおいて、例えば両面テープ付き小型スイッチを半成品に接着にて固定する場合に、平面上の決まった上下左右の位置で接着されるようにするガイド治具のケースが1つで、接合に半液状の接着剤を適用する場合には暫く固着するのに時間が掛かる理由で、暫くの間接着面にある程度圧力をかけておく必要があるので洗濯バサミの様にスプリング機構をもつ固定治具のケースが2つ目になります。

参考文献
https://www.merriam-webster.com/dictionary/jig
https://www.dictionary.com/browse/jig
https://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/jig
https://www.brighthubengineering.com/machine-design/47444-jigs-vs-fixtures/



治具関連の会社ランキング

*このランキング機能はβ版です。ランキングはメトリーに登録されている会社のみの中で、従業員数順に出したものです。あくまで規模感の目安としてお使いください。

すべてのカテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree