【2021年版】ボール盤 メーカー7社一覧

ボール盤のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボール盤とは

卓上ボール盤は木材や金属などの様々な素材に穴あけを行う機械です。ボール盤の台に万力などでぶざいを固定して、ボール盤に取りつけたドリルなどの工具を回転させ、 それを押し付けて穴を開けることができます。 ボール盤はフライス盤や旋盤などの工作機械とは異なり、穴あけのみ行うことが可能で、それ以外の作業はできません。 そのため穴あけに特化した工作機械であると言えるでしょう。

ボール盤の使用用途

ボール盤は部材に穴を開ける用途でしか使われていません。 ボール盤はフライス盤や旋盤などとは異なり、小型であるものが多いので、手軽かつ簡単に穴あけの作業を行えるのが特徴です。そのため大量生産前の試作部品の加工や修正に使われています。 ただし、自動化の面ではフライス盤やマシニングセンタに分があるため、大量生産の現場では使用されていません。 他の工作機械よりも安価で個人でも購入可能な工作機械なので、DIYなどの個人でのものづくりでも活用されています。

ボール盤の原理

ボール盤は様々な方式があるので紹介します。

  • 直立ボール盤
    最も一般的なボール盤で、ボール盤といえばこの直立ボール盤のことを指します。床に備え付けられており、大型の機械の1つでもあります。 素材を台に固定し、上部についていモーター及びドリルの主軸を、ハンドルで上下に動かすことができます。スイッチを入れると回転し、回転数は中に入っているギア比を入れ替えることで調整することができます。
  • ラジアルボール盤
    直立ボール盤よりも大きなボール盤で、直立ボール盤の主軸を旋回可能にしたものです。主軸の自由度を高めたことで、台に固定してある部材を動かす必要がなくなりました。
  • 卓上ボール盤
    最も小型のボール盤で、主にDIYやちょっとした加工などに使われます。直立ボール盤より精度は落ちますが使い勝手は良いでしょう。
  • 多軸ボール盤
    主軸の数を増やしたボール盤で、複数の穴を同時に加工することが可能です。主軸の数は50の物も存在し、汎用機ではなく特殊な部品などで使用されています。

参考文献
https://www.kousakukikai.tech/drilling/#:~:text=%E6%9C%A8%E6%9D%90%E3%82%84%E9%87%91%E5%B1%9E%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%81%AB,%E7%A9%B4%E3%81%82%E3%81%91%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://electrictoolboy.com/media/25303/ 

ボール盤のメーカー情報

ボール盤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 工機ホールディングス株式会社
  2. 2 京セラインダストリアルツールズ株式会社
  3. 3 株式会社キラ・コーポレーション

設立年の新しい会社

  1. 1 京セラインダストリアルツールズ株式会社
  2. 2 遠州工業株式会社
  3. 3 株式会社東洋アソシエイツ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社キラ・コーポレーション
  2. 2 小川鉄工株式会社
  3. 3 工機ホールディングス株式会社

ボール盤のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す