柴田科学株式会社
日本無機株式会社
アズビルトレーディング株式会社
CKD株式会社

【2021年版】ミスト装置 メーカー10社一覧

ミスト装置のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ミスト装置とは

ミスト装置とは、屋外の温度上昇を防ぐ冷却や、消火設備などの目的で使用される、水を霧状にして広範囲に散布することができる装置のことです。
ミスト装置を用いることで、室外の温度を2度から3度下げることができると言われています。
ミスト装置は、冷却のために使用する際に、エアコンなどのように室外機などを必要とせず、外に熱を放出することがないため、環境にもよい装置とされています。
ミストノズルの形状や、ミストポンプが変わることで、ミスト装置の特徴が変わるので、使用目的に合わせて適したミスト装置を選択することで、より効果的に使用することが出来ます。

ミスト装置の使用用途

ここで、ミスト装置の使用用途について説明します。
ミスト装置は、温度上昇を抑える効果があるため、屋外や、大型施設などの人が大勢集まることが想定される場所に、熱中症対策の目的などで使用されています。
ミスト装置を設置することで、屋外でも部分的に温度が低い場所を作ることができます。
この他に、消毒や薬品をミスト状にして散布することで、家畜の飼育場や、ごみ処理施設などの消毒や清掃の用途にも使用されています。
さらに、水の分子中に細かい粉塵を取り込むことで、体内に吸い込むのを防ぐ目的や、加湿効果によって湿度を一定に保つ目的にも使用されています。
さらに、エンターテインメント業界が、ミストによる演出効果を目的として用いる場合もあります。

ミスト装置の原理

続いて、ミスト装置の原理について説明します。
ミスト装置の冷却効果は、気化熱の原理を利用しています。
気化熱とは、水が蒸発するために周囲から吸収する熱のことで、これを利用することで、周りの熱を吸収し、温度を下げることが出来ます。
ミスト装置は、ポンプ、ノズル、給水管などで構成されており、給水管から取り入れた水に、ポンプによって高い圧力を加えて口径が小さいノズルから押し出すことで、細かい霧を発生させています。
微細な霧を作り出すことで、気化しやすくなり、触れても濡れることがない、ドライなミストを発生させることが出来ます。

参考文献
https://www.yamatoprotec.co.jp/products/mist/microfogc/
https://www.i-res.co.jp/mist
https://mistdotcom.jp/item/about.html

ミスト装置のメーカー情報

ミスト装置のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 能美防災株式会社
  2. 2 CKD株式会社
  3. 3 日本スピンドル製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 グリーン.コムジャパン株式会社
  2. 2 スプレーイングシステムスジャパン合同会社
  3. 3 東洋空気調和株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アズビルトレーディング株式会社
  2. 2 能美防災株式会社
  3. 3 日本スピンドル製造株式会社

ミスト装置のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す