【2021年版】コンターマシン メーカー5社一覧

コンターマシンのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コンターマシンとは

コンターマシン

コンターマシンとは、鈑金や鋼材を切断するための工作機械です。

帯鋸盤バンドソーとも呼ばれ、その名の通り帯鋸(金属の輪にのこぎりの刃が付いたもの)を回転させる事で鈑金や鋼材を切断する事ができます。

板や鋼材にあらかじめケガキを行い、その線に沿って加工物を動かし、押し付けながら加工します。比較的小型のコンターマシンであれば、直線だけでなくアールを付けるなど任意の形状に加工する事が可能です。大型のものは厚みのある鋼材を切断する事を目的としているので、切断加工時の自由度は無くなります。

コンターマシンの使用用途

コンターマシンの使用用途は、金属材料の切断加工となります。使用例をいくつか紹介します。

  • 長尺物の鋼材を溶接するために、所定のサイズに切断する。
  • フライス盤で仕上げる前に材料の粗取り加工をおこなう。
  • 任意の形状に鈑金を素早くカットしたい。

といった際に使用します。

鈑金、金型、鉄工所など、日常的に金属材料を扱うところでは必ずと言っていいほど設置してあります。

コンターマシンで粗取り加工しておくだけで、仕上げ作業に掛かる手間は格段に小さくなります。大型のコンターマシンでは鋼材をセットし、ボタンを押すだけで切断が終わるまで機械を操作する必要がないものもあります。

コンターマシンを上手に使用する事で作業性を高める事ができるわけですね。また、据付の大型のものばかりでなく、小型で建築現場に持ち込めるポータブルタイプも存在し、様々な場所で活躍しています。

コンターマシンの特徴

コンターマシン(バンドソー)の種類と特徴について説明します。
(小型のものはバンドソーと呼ばれることが一般的ですがまとめて紹介します。)

  • 卓上横型タイプ
  • 卓上縦型タイプ
  • 据付タイプ
  • ポータブルタイプ

の4種類です。

卓上横型タイプは比較的小型で持ち運ぶことも可能なサイズです。建築現場などで金属パイプ、板材、L字アングル、H鋼などの切断に使用されます。しかし、自在に任意の形状に切断する事はできません。直線、及び設定した角度で切断する事が可能となります。

卓上縦型タイプは木材やアルミなど、比較的柔らかい材料の切断に使用されます。こちらは加工物を刃に押し当てて切断するため、自由自在に任意の形状に切断する事が可能です。

据付タイプは主に製造業など金属材料を扱うところで使用されます。据付タイプも横型、縦型の2種類があり、大きな鋼材を自動で切断したいのか、鈑金や比較的薄い鋼材を任意の形状に切断したいのか、によって使い分ける必要があります。

ポータブルタイプは、その場で切断する必要がある材料や高所での作業などで活躍します。充電式が一般的で、コードレスでストレスなく作業する事ができます。しかし、一定の角度で刃を当てなければ帯鋸が折損してしまうかもしれません。自由度が高い反面、他のタイプに比べると帯鋸の折損頻度は高くなる傾向にあります。

参考文献
http://www.aero.kyushu-u.ac.jp/com/mshop/Pdf/Saw.pdf
http://www.andosaw.co.jp/pdf/catalogue.pdf
http://www.nccgp.co.jp/machine/
http://www.endokikai.com/catalog/html/products/detail.php?product_id=2436

コンターマシンのメーカー情報

コンターマシンのメーカー5社一覧


コンターマシンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ユアサ商事株式会社
  2. 2 株式会社アマダマシナリー

設立年の新しい会社

  1. 1 ワイエス工機株式会社
  2. 2 株式会社アンドソー
  3. 3 株式会社ラクソー

歴史のある会社

  1. 1 ユアサ商事株式会社
  2. 2 株式会社アマダマシナリー
  3. 3 株式会社ラクソー

関連記事

カテゴリから探す