浜松ホトニクス株式会社
メジャーワークス株式会社
Broadcom Inc.

【2021年版】光電子増倍管 メーカー6社一覧

光電子増倍管のメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光電子増倍管とは

光電子増倍管(英語: Photo Multiplier Tube、略語: フォトマル、PM、PMT)は、光を電気に変換することができる光センサの1つです。真空状態のガラス管の中に入射窓、光電面、ダイノードなどの各部が設置された構造をしています。原理としては真空中で金属に光を照射すると表面から電子が放出される、外部光電効果という現象が利用されています。

非常に弱い光信号でも大きな電気信号に変換することができるので、光検出器として分光光度計分光分析装置などの機器類に搭載されています。

光電子増倍管の使用用途

光電子増倍管は、感度の面で非常に優れており、微弱な光を充分な量の電気信号に変換することができます。一方で、使用に高い電圧が必要、ノイズを拾いやすいなどのデメリットもあります。

紫外可視分光光度計や発光分光分析装置など、光分析装置の検出器に用いられています。また、大気中の粒子を計測するダストカウンタ、大気中の浮遊物の散乱光を検出するレーザレーダ(LiDAR)、がん検診などに用いられるPET、CTなどの医療用装置にも使用されています。

光電子増倍管の原理

光電子増倍管(英語: Photo Multiplier Tube、略語: フォトマル、PM、PMT)は、光を検知し、電気信号に変換することができる光センサです。真空状態のガラス管の中に光が入射する窓、光電面、集束電極、ダイノード、陽極が取り付けられています。

PMTには、光が当たると電子が放出される外部光電効果が応用されています。これは、真空下で金属に光を照射すると、金属表面から電子が放出される現象です。光が光電面に衝突すると、光電面から電子が叩き出されます。叩き出された電子が集束電極で加速し、ダイノードに衝突することで、複数の二次電子が放出されます。放出された二次電子は次に設置されたダイノードに衝突し、そこでさらに多くの二次電子が放出されます。これを繰り返すことで電子が何倍にも増え、最終的に充分な量の電気信号として検出されます。

太陽電池やフォトダイオードも光から電気信号を出力できますが、PMTは非常に弱い光を電気信号として出力できる点で優れています。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieij1917/58/11/58_11_598/_pdf
https://www.hamamatsu.com/resources/pdf/etd/PMT_handbook_v4J.pdf
https://www.hamamatsu.com/jp/ja/product/optical-sensors/pmt/about_pmts/index.html

光電子増倍管のメーカー情報

光電子増倍管のメーカー6社一覧


光電子増倍管のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 Broadcom Inc.
  2. 2 浜松ホトニクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 メジャーワークス株式会社
  2. 2 セイコー・イージーアンドジー株式会社
  3. 3 ゼネラル物産株式会社

歴史のある会社

  1. 1 浜松ホトニクス株式会社
  2. 2 Broadcom Inc.
  3. 3 Mouser Electronics, Inc.

関連記事

カテゴリから探す