アナログ・デバイセズ株式会社

【2021年版】光学センサー メーカー2社一覧

光学センサーのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光学センサーとは

光学センサーとは、太陽光など目に見える可視光や、可視光より波長の長い赤外線をレンズで集め、光の情報を画像データなどに変換する装置のことです。光には波長があり、人が直接目で確認できる波長帯は380nm~780nmと非常に限定的です。赤外線は780nmより高波長帯の光で、人が検知することはできません。しかし、光学センサーを使うことにより、赤外線を検出し電子データとして、保存することができます。つまり、可視光が存在しない暗い場所でも問題なく使用できるのです。

光学センサーの使用用途

光学センサーの主な用途として、デジタルカメラの画像データ取得を担う受光装置や防犯カメラ、人工衛星、自動ドアなどが挙げられます。もっとも単純な光学センサーは、自動ドアなどに使用される人感センサーです。光が人に当たったかどうかだけを検出し、光が人によって阻止されれば、ドアが開閉する原理です。一方で、デジタルカメラなどに使用される光学センサーは非常に高度で、光を電気信号に変換し、データを取得しています。また、防犯カメラは、暗闇での使用を想定しており、赤外線を検知できる利点を活かした応用例と言えます。

光学センサーの原理

光学センサーは、光電効果と呼ばれる現象を利用したセンサーです。光電効果とは、物質に光が照射されると、光と電子の相互作用により、光エネルギーが電子に与えられ物質の表面から電子が放出される現象のことです。通常、光センサーは光を放出する投光部と光を受け取る受光部から構成されます。投光部から放出された光が対象物質により、反射もしくは阻止されると、受光部に届く光量が変化します。この変化を検出して、電気信号に変換していますが、検出方式の違いにより、2種類に大別されます。検出原理が異なるため、使用用途によって選択する必要があります。

  • 透過型

透過型とは、投光部に赤外線LEDを、受光部にフォトダイオードを設置した検出方式です。投光部と受光部間で光の阻止具合を検出し、人や物質が透過したことが確認できます。

  • 反射型

反射型は、投光部と受光部が一体になっており、検出したい物質に光を照射し、その反射光を受け取り、検出します。

参考文献
https://www.sensor-sk.com/hikari/hika01_hikari.html
https://www.klv.co.jp/iot/iot-optical-sensor.html

光学センサーのメーカー情報

光学センサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アントンパール・ジャパン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アントンパール・ジャパン
  2. 2 アナログ・デバイセズ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アナログ・デバイセズ株式会社
  2. 2 株式会社アントンパール・ジャパン

光学センサーのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す