緑屋テクノ株式会社
竹中電子工業株式会社
北陽電機株式会社
オムロン株式会社
オプテックス・エフエー株式会社
アズビルトレーディング株式会社
Leuze electronic GmbH + Co. KG
ifm efector株式会社
IDEC株式会社

【2021年版】レーザーセンサー11選 / メーカー12社一覧

レーザーセンサーのメーカー12社・45製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


レーザーセンサーとは

レーザーセンサーとは、被計測物とセンサー間の距離や、被測定物自体の厚みや高さなどを計測するセンシング機器のうち、レーザーを用いた非接触式のもののことを指します。一般によく使われるセンシング機器なため、その計測方式や精度も様々です。

レーザーセンサーの使用用途

加工装置や搬送装置など、被測定物との距離を正確に知る必要がある場合には、レーザーセンサーを用いてその距離を測量することができます。

また、製品の外観検査など、被測定物の厚み情報が必要な場面でも活用されます。厚み測定は、接触式のノギスでも可能ですが、複雑な形状であったり、触れると不都合なことがあったりする場合は、非接触型のレーザーセンサーを用いることで非破壊検査が可能です。

レーザーセンサーの原理

レーザーセンサーでは、原理的に非接触計測ができますが、その方式はいくつか種類があります。

ある被計測物との距離を測る場合は、拡散反射方式か正反射方式のレーザーセンサーが用いられます。どちらも、レーザー光源からの光を被計測物表面で反射させ、その反射光を受光部で検知することで距離を判定します。

受光部はある一定の領域幅をもっており、反射光の角度によって受光部が異なります。受光部が変化するとそれに応じた電流が検知され、その情報をもとに距離の値に換算します。

その構造上、ある角度を超えて傾いた被計測物表面へ光源を入射した場合は、反射光が受光部へ返ってこないため、検出できません。この許容傾きは変位計の設計により、一般に拡散反射方式のレーザーセンサーの方が、検出角度が広いです。

レーザーセンサーの選び方

まずは、用途が距離検出なのか、厚みや高さなどの形状情報を取得することなのかを確認します。距離検出であれば、その計測レンジにあったものの中から、被計測物の表面の傾きをどれくらいか想定し、その角度以上の計測が可能な製品を選定します。厚み測定の場合は、検出レンジを確認します。

その後、計測自体をどれくらいの精度で実施したいかによって、分解能や検出精度およびリニアリティのスペックを選定します。どれも計測精度に影響を及ぼす因子であり、一般に精度が高いほど高額になるので、あまりオーバースペックにならないように注意しましょう。

また、計測精度と同時に本体自体の設置が可能かも注意しておくといいでしょう。取り付け部分に十分なスペースがない場合は、小型のレーザーセンサーから選定する必要があるかもしれません。

レーザーセンサーによる防犯システム

不審人物の侵入を防ぐためのシステムとして、防犯センサーがあります。マンションやオフィス、工場などあらゆる場所に活用されており、侵入者がセンサーに触れると警報が鳴るような仕組みになっています。その防犯センサーとして、現在多く利用されているのがレーザーセンサーです。

レーザーセンサーには、水平検知タイプと垂直検知タイプがあります。

  • 水平検知タイプ
  • レーザー光線が180 ℃水平方向に照射され、広範囲をカバーできる防犯センサーです。屋外のような開けた場所に適した監視システムで、移動している物体を検知します。監視範囲の設定により、あらかじめ対象から外したいエリアを定めることもできます。
  • 垂直検知タイプ
  • レーザー光線が垂直方向に照射され、壁や天井に対して垂直な面をカバーする防犯センサーです。通路や扉の前など、局所的な範囲の場所に適した監視システムで、センサーがはたらいている面に対して通過する物体を検知します。検知対象とする高さを設定することもできます。

レーザーセンサーの欠点

光線を利用した非接触型のセンサーとして便利なレーザーセンサーですが、いくつかの条件においては誤作動を起こす場合があります。

  • 検出対象物表面の凹凸
  • スポットが小さなレーザーセンサーの場合、検出対象物表面の凹凸により反射による受光量が変動してしまうため誤作動を起こすことがあります。検出したい対象の面に凹凸がある場合は、スポットの大きなセンサーを使用しましょう。
  • 振動
  • レーザーセンサーに振動が加わると、光軸がずれて誤作動を起こすことがあります。レーザーセンサーの設置を見直し、ネジや補助金具で固定する他、なるべく光軸ズレの影響を受けにくいよう検出対象物の近くに取り付けましょう。
  • パルス点灯する光
  • パルス点灯とは、ONとOFFを繰り返す点灯方法のことです。速い周波数で点灯するため、実際には点滅していますが人の目には連続して点灯しているように見えます。
  • レーザーセンサーの多くはパルス発光のレーザーを使用しているため、自身と同様にパルス点灯する周囲のLEDなどに対しては誤作動を起こすことがあります。近くにパルス点灯する光がある場合は、センサーの受光部に当たらないよう間に遮蔽できるものを取り付けたり受光部の角度を調整したりする必要があります。

参考文献
https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/memory/memory_what2
https://www.secom.co.jp/business/security/goods/laser-sensor.html
https://www.securityhouse.net/products/breakin/
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/lsr_r_trouble

レーザーセンサーのメーカー情報

レーザーセンサーのメーカー12社一覧


レーザーセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 株式会社キーエンス

設立年の新しい会社

  1. 1 緑屋テクノ株式会社
  2. 2 オプテックス・エフエー株式会社
  3. 3 緑屋テクノ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アズビルトレーディング株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 パナソニック株式会社

レーザーセンサー11選

LD-MX5R

竹中電子工業株式会社 LD-MX5R 画像出典: 竹中電子工業株式会社公式サイト

特徴

LD-MX5Rはレーザー射出部と受光部の同軸構造を採用したアンプ内蔵型の光電子レーザーセンサです。

レーザー射出部と受光部を同軸構造にすることにより、光軸調整が容易になるだけでなく、わずかな差も安定検出が可能になります。

また、同軸構造上のメリットとして、同軸反射方式を採用することが可能になるため、装置設置に十分なスペースが確保できない狭い隙間などでの利用に適しています。

LD-MX5Rは、パレット内のIC浮きの検出などの仕様用途に適しています。

竹中電子工業株式会社の会社概要

製品を見る

LR-Z シリーズ

株式会社キーエンス

特徴

LR-Zシリーズは、最大検出距離500mmを実現するCOMSカメラモジュール搭載型の距離設定型レーザーセンサです。

CMOSカメラモジュールを搭載することで検出時のビーム光量を最適な受光量になるように自動制御し、検出対象物のカラーやティルトの影響を極限まで小さく抑えることが可能です。

さらに、背景チューニング機能により、透明性のある薄い検出対象物にも利用可能です。

LR-Zシリーズは、セラミック基板の平面精度の検出や、フープ材の高さ制御などの使用用途に適しています。

株式会社キーエンスの会社概要

  • 会社所在地: 大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
  • URL: https://www.keyence.co.jp
  • 創業: 1974年
  • 従業員数: 8,419人
  • 資本金: 30,600,000,000円

製品を見る

LR-T シリーズ

株式会社キーエンス

特徴

LR-Tシリーズは、アンプを内蔵したTOF方式のレーザーセンサで、反射型でありながら5mの距離を安定して検出します。

TOFとカスタムICを組み合わせることで、0.06から5mという幅広い距離でも検出でき、表面状態や色に影響を受けること無く安定検出を実現した、クラス最高のパフォーマンスが特長です。

強く丈夫なメタルボディに加え、どのような角度でも検出可能で取り付けレイアウトも自由に選ぶことができ、後付け時にも取り付け場所を選びません。

株式会社キーエンスの会社概要

  • 会社所在地: 大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
  • URL: https://www.keyence.co.jp
  • 創業: 1974年
  • 従業員数: 8,419人
  • 資本金: 30,600,000,000円

製品を見る

PNX

北陽電機株式会社 PNX 画像出典: 北陽電機株式会社公式サイト

特徴

PNXシリーズは、アンプを内蔵したレーザーセンサで、シャッターが開閉する際の障害物の検出や様々なはみ出し検出が可能です。

透過形ではクラス最長の検出距離70mにより、長距離での検出が可能で、赤色LEDを光源に採用しているため光軸調整が容易におこなえます。

このシリーズには、透過形と回帰反射形があり、それぞれフリー電源タイプとDC電源タイプをラインナップし、全機種にインジケータ付の2回転ボリュームを採用したことで微妙な感度の調整も簡単に実施できます。

北陽電機株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目9番6号 肥後橋ユニオンビル9F
  • URL: https://www.hokuyo-aut.co.jp/
  • 創業: 1946年
  • 従業員数: 195人

製品を見る

EX-L200

パナソニック株式会社 EX-L200 画像出典: パナソニック株式会社公式サイト

特徴

EX-L200シリーズは、専用カスタムICと高度な光学設計によって、高精度の指向性と視認性を維持した精度検出を可能にするアンプ内蔵・超小型レーザーセンサです。

透過型レーザーセンサ(EX-L211/EX-L212)では、ビーム密度を小さくすることで光線の回折を抑えることで、微小な検出対象物を高精度検出します(検出距離1mでのスポットサイズは約6×4mm)。

さらに、ミラー反射型レーザーセンサ(EX-L212)では、4mの長距離検出を可能にする指向性の高さを実現しています(スポットサイズ約6×4mm)。

EX-L200シリーズは、基板の到着確認、極細パイプの先端検出、電子部品の位置決めといった使用用途に適しています。

パナソニック株式会社の会社概要

製品を見る

Q4Xシリーズ

バナー・エンジニアリング・ジャパン Q4Xシリーズ 画像出典: バナー・エンジニアリング・ジャパン公式サイト

特徴

QXシリーズは、25~610mmの広範囲のストロークにおいて高精度の距離測定を可能にするレーザーセンサ―です。

耐久性を追求した筐体設計により、機械的な衝撃や振動が発生する過酷な測定環境下でも高い精度を発揮する屋養成と耐久性に優れたモデルのレーザーセンサ―です。

また、直観的な操作でセットアップが可能なシンプルな操作性と直感的で見やすいディスプレイを搭載していることもQXシリーズの特徴です。

QXシリーズは、反射性のあるハードディスクの検出、洗浄環境下での透明ガラスやペットボトルの検出など、あらゆる用途で使用可能です。

バナー・エンジニアリング・ジャパンの会社概要

製品を見る

E3ASシリーズ

オムロン株式会社 E3ASシリーズ 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

距離設定形光電センサのE3ASシリーズは、TOF方式を搭載によってワークを問わずに安定して検出でき、業界で初めてセンサ検出面の防汚コーティングを施したレーザーセンサです。

反射形でありながら、50から1500mmの広範囲の検出や、色や形状を選ばない安定した検出を可能にしました。

ティーチングボタン1つで閾値が設定可能で、設定のばらつきを防ぎ、設定時間を短縮します。

高温・高水圧、耐油、耐洗浄性能により、センサー本体の故障・交換頻度を削減します。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

E3ZR-C

オムロン株式会社 E3ZR-C 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

E3ZR-Cは、フッ素樹脂をケーブル外被素材に使用することで、ケーブル外被の劣化によるセンサ内部への切削油の侵入を防いた、耐油性の高いレーザーセンサです。

接合部や可動部に使用するゴムの劣化にともなう切削油の侵入にも、独自配合の新素材ゴムを使用することで、さらに耐油性を高めています。

封止工法とメカニカルシール構造を採用することで、隙間からの切削油の侵入も徹底的に防ぎます。

独自の耐油性評価試験では、18種類の切削油による試験で4年間の安定した動作が実証されています。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

Z-Lシリーズ

オプテックス・エフエー株式会社 Z-Lシリーズ 画像出典: オプテックス・エフエー株式会社公式サイト

特徴

Z-Lシリーズはアンプ内蔵型レーザーセンサです。

外形サイズは業界標準サイズではあるものの、LED光源と同等の消費効率、レーザークラス1を採用した透過型、50Gの優れた耐久性といった特徴があります。

レーザー光線のスポットサイズは、検出距離400mmで約φ2mmの指向性を達成しているため、微小物体の検出、高い繰り返し精度が求められる検出測定を可能性にします。

さらに、一体成形構造によって、高い耐久性を実現しているため、使用環境を選ばず、あらゆる用途において優れた性能を発揮します。

Z-Lシリーズは、部品の定寸裁断、液晶ガラスマッピング、金属部品の穴加工検出などの使用用途に適しています。

オプテックス・エフエー株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館
  • URL: https://www.optex-fa.jp/
  • 創業: 2002年
  • 従業員数: 234人

製品を見る

K1G

アズビルトレーディング株式会社 K1G 画像出典: アズビルトレーディング株式会社公式サイト

特徴

K1Gは、CMOSリニアイメージセンサと平行光レーザーで、高精度なワーク位置検知を可能にしたレーザーセンサです。

これまで見逃しがちだった小さく高速な変化も、最高レベルの分解能0.1μmと計測周期250μsにより見える化し、透明体の検出に強いことも特長です。

薄型のセンサヘッドでコンパクトな形状は設置場所に困りません。

多種の計測モードやテストモード、データログ機能を搭載し、計測に関わる設計、設置、保守の作業時間を短縮します。

アズビルトレーディング株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都豊島区北大塚1-14-3 大塚浅見ビル
  • URL: https://at.azbil.com/
  • 創業: 1906年
  • 従業員数: 354人

製品を見る

SA1Q形 アンプ内蔵型 CMOSレーザセンサ

IDEC株式会社 SA1Q形 アンプ内蔵型 CMOSレーザセンサ 画像出典: IDEC株式会社公式サイト

特徴

SA1Q形のアンプ内蔵型CMOSレーザーセンサは、黒色や鏡面体、透明体、凹凸などワークの素材や色の影響を受けにくく、距離や高さを正確に安定して検出が可能です。

ステンレス製ハウジングを採用することで優れた衝撃・振動耐性を持ち、さらに保護構造IP67/IP68/IP69Kの実現により高圧洗浄にも対応しているため、シーンを選ばず利用できます。

NPN出力、PNP出力、アナログ出力、IO-Link出力の形式もラインナップとして取り揃えています。

IDEC株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟14階
  • URL: https://jp.idec.com/
  • 創業: 1945年
  • 従業員数: 3,683人

製品を見る

レーザーセンサーの45製品一覧

レーザーセンサーのオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す