産業用製品比較のメトリー
メトリー
東芝デバイス&ストレージ株式会社
ルネサス エレクトロニクス株式会社
パナソニック株式会社
シャープ株式会社
オン・セミコンダクター
Vishay
aitendo

【2020年版】フォトカプラ メーカー9社・30製品一覧

フォトカプラのメーカー9社・30製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フォトカプラとは

フォトカプラとは、発光素子と受光素子で構成された、光信号を通して入力側回路と出力側回路を結合する電子素子です。

Photo Coupler“光でカップリングする”ということに由来しています。

有する性質から、フォトアイソレータやオプティカル絶縁と呼ばれることもあります。

物理的な接触を伴わずに光を介して動作できる技術であり、今や日常生活に欠かすことのできない貴重なものとなっています。

入出力の双方側の絶縁性を高めることができるが大きな特徴であり、ノイズの影響を受けづらいことや比較的低価格という点からも広く用いられています。

フォトカプラの使用用途

フォトカプラの主な用途としては、スイッチング動作です。

例を挙げると、医療用電子機器やノイズを嫌う音響機器や通信機器です。

スイッチを入れることによって回路には電流が流れますが、絶縁性や長寿命という特性を有することから、高い信頼性のもと使用することができます。

また、高出力であるモーターの駆動システムにおいてノイズによる誤動作や周辺機器への影響を防ぐ目的で用いられることもあります。

このように、機器自体の品質維持にとどまらず、外部環境への影響を抑えられることも利点となっています。

フォトカプラの原理

フォトカプラの原理は、入力された電気信号を発光素子が光に変換し、受光素子がその光を再度電気信号へ変換しなおすことによって出力側の回路に伝達しなおすというものです。

発光素子にはLED(発光ダイオード)という半導体が用いられており、この発光素子と受光素子は両者が向かい合う形で外の光が遮断されたパッケージ内に取り付けられています。

なお、受光素子にはフォトトランジスタが一般的に採用されています。

フォトトランジスタは何もしなければほとんど電流移動は起きませんが、微弱な信号でもキャッチする感度の高い性質があります。

そこに光を入射することで半導体同士の接続面で光起電力が生じ、電流が流れる仕組みです。

入力側および出力側の回路間を、光を介して結合しますが、この回路には電気的な繋がりはなく、絶縁状態です。

そのため回路内の接続を分離し、信号だけを伝えることが可能であり、入出力において電圧レベルが大きく異なる場合でも、安心して回路間を接続することができるようになっています。

参考文献
https://contents.zaikostore.com/semiconductor/4225/

フォトカプラのメーカー情報

フォトカプラのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 シャープ株式会社
  3. 3 オン・セミコンダクター

設立年の新しい会社

  1. 1 ステディセミコンダクタ株式会社
  2. 2 ルネサス エレクトロニクス株式会社
  3. 3 オン・セミコンダクター

歴史のある会社

  1. 1 東芝デバイス&ストレージ株式会社
  2. 2 シャープ株式会社
  3. 3 パナソニック株式会社

フォトカプラのメーカー9社一覧


フォトカプラの30製品一覧

フォトカプラのオンライン購入


amazonでチェック


秋月電子通商でチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

フォトカプラのレンタル


ヤフオクでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器