株式会社池田理化
株式会社日立製作所
株式会社日立ハイテクサイエンス
株式会社島津製作所
株式会社リガク
株式会社パーキンエルマージャパン
株式会社アントンパール・ジャパン
ヤマト科学株式会社
メトラー・トレド株式会社
ネッチ・ジャパン株式会社
ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社
DKSHジャパン株式会社

【2022年版】熱分析装置4選 / メーカー13社一覧

熱分析装置についての概要、用途、原理などをご説明します。また、熱分析装置のメーカー13社一覧企業ランキングも掲載しておりますので是非ご覧ください。熱分析装置関連企業の2022年4月注目ランキングは1位:ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社、2位:株式会社リガク、3位:株式会社島津製作所となっています。

目次

Metoreeでは各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

熱分析装置のカタログ一覧はこちら
ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社の熱分析装置のカタログ
株式会社アントンパール・ジャパンの熱分析装置のカタログ

企業

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社 株式会社アントンパール・ジャパン

熱分析装置のメーカー13社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

企業の並び替え

標準 |従業員数順 |設立年古い順 |設立年新しい順 |上場企業順

熱分析装置のメーカーランキング

*一部商社などの取扱い企業なども含みます

注目ランキング導出方法について

注目ランキングは、2022年4月の熱分析装置ページ内でのクリックシェアを基に算出しています。クリックシェアは、対象期間内の全企業の総クリック数を各企業のクリック数で割った値を指します。

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立製作所
  2. 2 株式会社島津製作所
  3. 3 株式会社リガク

設立年の新しい会社

  1. 1 ネッチ・ジャパン株式会社
  2. 2 株式会社アントンパール・ジャパン
  3. 3 株式会社日立ハイテクサイエンス

歴史のある会社

  1. 1 DKSHジャパン株式会社
  2. 2 株式会社島津製作所
  3. 3 ヤマト科学株式会社

熱分析装置のカタログ一覧(2件)

Metoreeに登録されている熱分析装置が含まれるカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。



ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社のカタログ

総合カタログのカタログ 総合カタログ
熱分析装置

株式会社アントンパール・ジャパンのカタログ



熱分析装置4選

株式会社池田理化
示差走査熱量測定装置(ダブルファーネスDSC)

示差走査熱量測定装置(ダブルファーネスDSC) 画像出典: 株式会社池田理化公式サイト

特徴

示差走査熱量測定装置(ダブルファーネスDSC)は、試料と標準試料の温度差を無くすことで、熱量変化を直接測定するため、正確な測定が可能な熱分析装置になります。

昇温速度を最高750℃/分までコントロールできることも大きな特徴になります。

1000℃/分までの高速冷却が可能のため、急冷条件下でも熱分析測定を行うことができます。

電気冷凍機を搭載しているため、-110℃までの低温状況化での測定も可能になります。

株式会社池田理化の会社概要

  • 会社所在地: 東京都千代田区鍛冶町1-8-6 神田KSビル
  • 会社サイト
  • 創業: 1931年
  • 従業員数: 368人

製品を見る

株式会社島津製作所
TG/DTA同時測定装置 DTG-60/60Hシリーズ

TG/DTA同時測定装置 DTG-60/60Hシリーズ 画像出典: 株式会社島津製作所公式サイト

特徴

DTG-60/60Hは、示差熱と熱重量の2種類の同時測定が可能な熱分析装置になります。

DTG-60シリーズでは、独自の流路構成を用いているため、各種雰囲気ガス条件での測定が可能なことが特徴となります。

採用しているロバーバル機構の上皿天秤をでは、試料の重心の変化が生じても測定感度が変わらないため、高精度で測定が可能です。

±500mgの重量(TG)測定が可能かつ、1gまで秤量できるため、様々な測定に適しています。

株式会社島津製作所の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市中京区西ノ京桑原町1番地
  • 会社サイト
  • 創業: 1875年
  • 従業員数: 13,308人

製品を見る

メトラー・トレド株式会社
高圧DSC(示差走査熱量測定)

高圧DSC(示差走査熱量測定) 画像出典: メトラー・トレド株式会社公式サイト

特徴

高圧示差走査熱量測定(HP DSC)は加圧条件下での測定が可能な、熱分析装置になります。

最大10Mpaまでの加圧が可能なのが大きな特徴になります。

高い圧力条件での測定が可能なため、反応速度をあげた状態で、短時間での熱分析が可能になります。

高圧条件では、試料の蒸発を抑制できるため、測定中の事象を分離することが可能になります。

有毒性ガスや、可燃性ガス雰囲気条件での測定が可能なのも特徴の一つになります。

メトラー・トレド株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都台東区池之端2-9-7池之端日殖ビル6階
  • 会社サイト
  • 創業: 1993年
  • 従業員数: 140人

製品を見る

DKSHジャパン株式会社
超高熱分析装置シリーズ

超高熱分析装置シリーズ 画像出典: DKSHジャパン株式会社公式サイト

特徴

超高熱分析装置シリーズは、最高2400℃まで昇温可能なグラファイト炉を使用しています。

コンパクトなデスクトップサイズであることは大きな特徴になります。

炉内の保護管や温度センサーの変更、組み合わせが可能の為、空気や酸素だけでなく、還元条件の水素雰囲気での測定が可能になります。

MSや、FTIRを接続すれば、発生したガスの分析も可能になります。

検出器を容易に交換できるので、TG-DTA、TG-DSCの測定が可能になります。

DKSHジャパン株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区三田3-4-19
  • 会社サイト
  • 創業: 1865年
  • 従業員数: 370人

製品を見る

熱分析装置の42製品一覧

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2022 Metoree