産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社小野測器
日本電産コパル電子株式会社
多摩川精機株式会社
光洋電子工業株式会社
オムロン株式会社

【2020年版】ロータリーエンコーダ メーカー5社一覧

ロータリーエンコーダのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ロータリーエンコーダとは

ロータリーエンコーダは、測定対象の回転による移動量を測定するための装置です。インクルメンタル式とアブソリュート式の2種類の測定方法に分かれており、前者は回転位置の相対値を測定し、後者は回転位置の絶対値を測定します。一般的なロータリーエンコーダは、光を用いて測定を行い、等間隔に穴の空いた回転円盤の穴を通過する光のパルス波を計測することで、回転数を測定します。測定には光以外にも、磁力や静電容量の変化量を用いて測定する製品もあります。

ロータリーエンコーダの使用用途

ロータリーエンコーダは、モータで駆動する様々な製品で幅広く利用されています。ロータリーエンコーダを選定する際には、分解能やサイズ、許容の周波数や荷重、耐久性、防塵性などを考慮する必要があります。

ロータリーエンコーダの使用例を以下に示します。
・サーボモータのフィードバック制御に使用する回転数の測定

  • 半導体製造装置のステージ装置の制御
  • エレベーターの位置測定

ロータリーエンコーダの原理

ロータリーエンコーダの動作原理を、最も一般的な光学ロータリーエンコーダをもとに、インクルメンタル式とアブソリュート式に分けて説明します。

  • インクルメンタル式
    インクルメンタル式のロータリーエンコーダは、回転軸に取り付ける等間隔にスリットがある回転円盤、光源、集光スリット、受光素子で構成されています。光源から出た光が集光スリットを通過し、波長や周期などが統一され、回転軸と同じ各速度で回転している回転円盤のスリットを通過します。通過した光は、回転数に応じたパルス波を取り、その光を受光素子で検出し、パルス波から測定対象の回転数を検出します。
  • アブソリュート式
    アブソリュート式のロータリーエンコーダは、ほとんどの動作原理がインクルメンタル式と同じですが、回転円盤に位置がわかる様な溝があります。この溝を光が通過すると、溝に合わせた光の信号を受光素子で検出することができ、絶対位置を測定することができます。インクルメンタル式とは異なり、回転方向も測定することができます。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1986/67/7/67_7_1091/_pdf
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/category/encoder2.htm?gclid=Cj0KCQiAy579BRCPARIsAB6QoIZQemZSwNAicEBxiqCR5owuudrYivdzWTyBf1dJ05kXd4SUYU3uEkYaAurkEALw_wcB
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/34/24/index.html

ロータリーエンコーダのメーカー情報

ロータリーエンコーダのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日本電産コパル電子株式会社
  3. 3 多摩川精機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日本電産コパル電子株式会社
  2. 2 光洋電子工業株式会社
  3. 3 株式会社小野測器

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 多摩川精機株式会社
  3. 3 株式会社小野測器

ロータリーエンコーダのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す