近藤科学株式会社
株式会社村田製作所
日本ハネウェル株式会社
パナソニック株式会社
セイコーエプソン株式会社
TDK株式会社
STマイクロエレクトロニクス

【2021年版】ジャイロセンサー4選 / メーカー11社一覧

ジャイロセンサーのメーカー11社・44製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ジャイロセンサーとは

ジャイロセンサは角速度を検出するための装置です。角速度は単位時間あたりに物体が回転する量です。機械製品に高度で正確な制御が求められている現在の工業において、微小な回転を考慮した制御を行う必要があり、その場合には必ずジャイロセンサが必要になります。ジャイロセンサの測定原理としては、コリオリの力を使って測定する振動型と、光のサニャック効果を使って測定する光学型が代表的です。

ジャイロセンサーの使用用途

ジャイロセンサは、スマートフォンやデジタルカメラ、ゲーム機器、宇宙産業、航空、産業用ロボットなど幅広い分野で使用されます。ジャイロセンサは、熱や振動耐性、大きさなど製品によって特徴が異なるので、ジャイロセンサを使用する装置の制御の精度や使用環境を考慮して選定する必要があります。

ジャイロセンサの使用例を以下に示します。

  • スマートフォンやデジタルカメラの手ブレ防止機能
  • 2足歩行ロボットの歩行制御
  • 航空機の機体位置の計測および制御
  • VRゲームの使用者の動作および位置測定

ジャイロセンサーの原理

主なジャイロセンサである振動型と光学型について、それぞれ動作原理を説明します。

  • 振動型ジャイロセンサ
    振動型ジャイロセンサはコリオリの力を用いて角速度を測定します。コリオリの力は、回転している物体が移動する際に物体に作用する見かけ状の力のことです。振動型ジャイロセンサでは、振動によって移動している物体が回転するときに生じるコリオリの力を受けて、物体が振動する振幅を測定することによって角速度を測定しています。
  • 光学型ジャイロセンサ
    光学式ジャイロセンサはサニャック効果を利用して角速度を測定します。サニャック効果とは、光が通過する光路が運動していれば、光路の長さが長くなる原理です。これは、光速が常に一定であるため生じる現象です。光学式ジャイロセンサでは、周回している光自体が回転することによって、光路が長くなり、それによって生じる位相差を測定することで角速度を測定しています。

ジャイロセンサーと加速度センサーの違い

ジャイロセンサーとよく似た性質を持つセンサーの1つに、「加速度センサー」があります。ここでは、ジャイロセンサーと加速度センサーの違いについて解説していきます。

ジャイロセンサーは、「角速度」を検知するために用いられるセンサーです。コリオリ力を利用して物体の動き(回転)や向き・姿勢の変化を測定し、それを電気信号として出力することが出来ます。主にカーナビや手振れ補正付きのデジタルカメラなどに使用され、最近ではスマートフォンやゲーム機に搭載されるケースも多くなってきています。

一方で、加速度センサーは、その名のとおり「加速度」を検知するためのセンサーです。慣性力を利用して物体の移動速度の変化を測定し、電気信号として出力します。加速度からは物体の振動の様子や衝撃の大きさといった情報を得ることも出来るため、加速度センサーは幅広い用途に使用されています。

両者はそれぞれ対象となる物理量が違いますが、両センサーを組み合わせることで物体の動きをより詳細に検知することも可能です。

たとえば、自動車のカーナビにはジャイロセンサーと加速度センサーの両方が搭載されています。ジャイロセンサーで自動車の向きを、加速度センサーで移動距離を検知することで、トンネル内など電波が届きにくい場所でも現在地を高精度に表示することが出来ます。

ジャイロセンサーの使い方

ジャイロセンサーは、回転運動を伴う機械において、その運動の様子を画面表示したり、制御したりする場合に使用します。

検知方式によっていくつかの種類に別けられますが、最も一般的なものが「振動式」といわれるものです。一定方向に振動させた振動子に回転運動を与えることでコリオリ力を発生させ、この時の両電極間に生じる静電容量差から角速度を検出します。半導体技術が発達したことで小型化・集積化が実現し、現在では電子機器における重要なセンサーの一つとして、多くのデバイスに内蔵されるようになりました。

それ以外にも「光学式」や「機械式」などがありますが、これらは構造的に小型化することが難しいため、飛行機や船舶などの大型輸送用機器に使用されることが多いようです。

また、ジャイロセンサーはその用途によって必要とされる角速度の検出範囲が異なります。たとえば、スマートフォンなどのモバイル機器の場合は300~2000dps(degree per second、1秒間あたりの回転角度)、カーナビなどの自動車向け機器の場合は100~500dpsほどの範囲を必要とします。そのため、センサー選定時には、機器の使用状況を踏まえ、どのくらいの検出範囲があれば充分なのかを考慮したうえで選定する必要があります。

参考文献

https://books.google.co.jp/books?hl=ja&lr=lang_ja|lang_en&id=0ouwQBddBJ0C&oi=fnd&pg=PA1&dq=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5&ots=2qeksXRBpe&sig=zyRx9TFv2uqe0cFTyHHXN51F40U#v=onepage&q=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5&f=false
http://yokoya.naist.jp/paper/datas/79/PRMU.pdf
https://industrial.panasonic.com/jp/ss/technical/b14
https://ednjapan.com/edn/articles/1406/09/news014.html

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

ジャイロセンサーのメーカー情報

ジャイロセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 TDK株式会社
  3. 3 セイコーエプソン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 InnaLabs(R)
  2. 2 NXPジャパン株式会社
  3. 3 日本ハネウェル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 TDK株式会社
  3. 3 セイコーエプソン株式会社

ジャイロセンサーのメーカー11社一覧


ジャイロセンサーのカタログ一覧(2件)

Metoreeに登録されているジャイロセンサーのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

センサテック株式会社のカタログ



ジャイロセンサー4選

ジャイロセンサー KRG-4

近藤科学株式会社 ジャイロセンサー KRG-4 画像出典: 近藤科学株式会社公式サイト

特徴

・軽量であり、小型です。スペースを無駄にすることなく設置することが可能
・環境や使用時間による出力の変化を最小限に抑えた設計
・電源電圧は3.0~5.0ボルトの範囲で対応

近藤科学株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都荒川区東日暮里4-17-7
  • URL: https://kondo-robot.com/
  • 創業: 1964年
  • 従業員数: 22人

製品を見る

6DoF ジャイロ加速度コンボセンサ SCHA600シリーズ

株式会社村田製作所 6DoF ジャイロ加速度コンボセンサ SCHA600シリーズ 画像出典: 株式会社村田製作所公式サイト

特徴

・シングルパッケージ6Dofセンサーを使用することで自動運転で要求される高い安全性に対応
・ISO26262企画に準拠しASIL-Dシステムの開発に対応
・キャリブレーションを行うことでコンポネートレベルでの他軸感度の誤差が改善
・温度変化による誤差は0.3°以下
・ジャイロRMSノイズレベルを0.0007/s未満
・耐震度製及び動作温度-40°~+110°を実現
・自己診断機能を有り
・最大-300°/s~+300°/sの角速度測定範囲
・-6gから+6gの加速度を測定可能
・電源電圧は3.0~3.6ボルトの範囲で対応

株式会社村田製作所の会社概要

製品を見る

XV7021BB

セイコーエプソン株式会社 XV7021BB 画像出典: セイコーエプソン株式会社公式サイト

特徴

・SPI/I2Cシリアスインターフェイスに対応
・16・24ビットでの角速度出力
・-20度から+80度までの静止時出力温度安定性
・温度センサーを内蔵
・セレクタブルデジタルフィルタ及び離周波数除去フィルタを内蔵
・電力消費を抑えた設計

セイコーエプソン株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 長野県諏訪市大和三丁目3番5号
  • URL: https://www.epson.jp
  • 創業: 1942年
  • 従業員数: 75,608人

製品を見る

ADXRS910 ロールオーバー検出面内ジャイロ・センサー

Analog Devices ADXRS910 ロールオーバー検出面内ジャイロ・センサー 画像出典: Analog Devices公式サイト

特徴

・-40度~105度の幅広い温度範囲における安定性
・80LSB/°/secで-300°sec~+300°のフルスケール・レンジを測定可能
・ディスクセンサー構造により、面内角周辺での角速度の測定が可能
・24.6・49・102・201Hzから-3dBフィルター・コーナー周波数を選択可能
・16ビット・32ビットでのSPIトランザザクションを含む、センサー・データ出力できる
・10MHzまでのSPI通信が可能

Analog Devicesの会社概要

製品を見る

ジャイロセンサーの44製品一覧

ジャイロセンサーのオンライン購入


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す