竹中電子工業株式会社
浜松ホトニクス株式会社
株式会社秋月電子通商
株式会社ケー・ブラッシュ商会
レイトロン株式会社
オムロン株式会社
アズビルトレーディング株式会社
Digi-Key Corporation

【2021年版】カラーセンサー5選 / メーカー17社一覧

カラーセンサーのメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


カラーセンサーとは

カラーセンサーは物体の色を判別することができるセンサーであり、光電センサー(物体に光を照射してその物体の情報を得るセンサー)の一種です。対象物体が赤・青・緑の3色をどの程度反射・吸収するかという情報を元にして物体の色を決定します。

カラーセンサーには単一波長の光電センサーに比べて、

  • 区別が難しい色の組み合わせも安定して区別できる
  • 赤・青・緑の受光比率を検出するので物体との距離が変化しても大きな影響を受けない

といったメリットがあります。

カラーセンサーの使用用途

カラーセンサーは、色を検出する必要があるさまざまな場所で利用されています。

一例として、ディスプレイ画像の調整が挙げられます。ディスプレイに当たる周囲光をカラーセンサーで分析し、分析結果に合わせてディスプレイの色などを補正するのです。この技術は、液晶TV、スマートフォン、タブレットなどの表示画像補正に利用されています。また、同様の技術がLED照明の色調整などにも用いられています。

この他、工場での製品の色管理、金属の色判別、レジマークの検出などにもカラーセンサーが利用されます。

カラーセンサーの原理

カラーセンサーは、赤・青・緑3色の光を物体に当て、どの色(波長)の光がどれだけ吸収されたかを検出することで物体の色を判定しています。

例えば赤・青・緑の光がリンゴなどの赤色の物体に当たると、赤色の光だけが反射し、青色と緑色の光は吸収されます。その結果私たちの目には反射した赤色の光だけが届くため、リンゴは赤く見えるのです。またこれら3色の光が白い物体に当たると、全ての光が反射します。反射した全ての光が目に届くため、私たちには物体が白く見えるということですね。

このように、物体の色は「どの色の光が・どの程度反射されるか」により決まります。これを人間の目ではなく装置として検出するのがカラーセンサーなのです。
カラーセンサーの内部には、光を発射する投光部と、物体で反射した光を検出する受光部が組み込まれています。色の判定には、受光部で検出した赤・青・緑3色の受光比率を用います。例えば、受光比率が赤:青:緑=1:1:1であれば物体の色は白であり、1:0:0であれば物体の色は赤、といった具合です。

参考文献
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/color-info.jsp
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/color-feature.jsp
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/color-case.jsp
https://techweb.rohm.co.jp/iot/knowledge/iot05/s-iot05/01-s-iot05/5077

カラーセンサーのメーカー情報

カラーセンサーのメーカー17社一覧


カラーセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 浜松ホトニクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ゾンデックス株式会社
  2. 2 テクノロジーリンク株式会社
  3. 3 株式会社ストロベリー・リナックス

歴史のある会社

  1. 1 アズビルトレーディング株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 パナソニック株式会社

カラーセンサー5選

CST-R80シリーズ

竹中電子工業株式会社 CST-R80シリーズ 画像出典: 竹中電子工業株式会社公式サイト

特徴

CST-R80シリーズは対象物の色を赤、青、緑の成分に分解して色比率の判別ができるカラーセンサーです。

色比率に加えて、対象物体の明るさも合わせて計測可能な点が特徴で、色比率0.01%、明るさ0.1%の分解能で計測できる精度を備えており、同ランクの白色LED製品の差異も判別可能な精度です。

計測値は3桁のデジタル値で取得できるので判読しやすい仕様になっています。

半導体、食品・薬品、自動車など幅広い製造品の検査用途に適した製品です。

竹中電子工業株式会社の会社概要

製品を見る

S13683-02WT

浜松ホトニクス株式会社 S13683-02WT 画像出典: 浜松ホトニクス株式会社公式サイト

特徴

S13683-02WTは、赤、青、緑の3色それぞれの波長に感度を持ち、それぞれ独立に値を計測できるカラーセンサーです。

i2cインターフェースに対応しており、各色のセンサ値を16ビットのデジタル値として取得できます。

積分時間の設定により、感度も1倍から65535倍まで細かく設定できます。

75μAという低消費電流のため、組み込み機器用途に適しており、特に表示装置に搭載してバックライト調光機能や省エネ機能などへの応用ができます。

浜松ホトニクス株式会社の会社概要

製品を見る

MK-329 対象物の色を再現するカメレオン機能搭載!リレー付きカラーセンサーキット

有限会社クネット

特徴

「MK-329 対象物の色を再現するカメレオン機能搭載!リレー付きカラーセンサーキット」は、電子工作や実験用途に適した製品です。

特徴として、センサーが検出した色を付属カラーLEDで再現する「カメレオン機能」を搭載しており、工作の用途が広がります。

また、内蔵の白色LEDで照らした対象物体の色を計測し、事前に設定しておいた色を検出した際にリレー信号を出力する回路構成になっていますので、特定の色を検出した際に、ブザー鳴らすなどの応用が手軽にできます。

検出色として、RGB色空間またはHSV色空間の値を設定できます。

有限会社クネットの会社概要

製品を見る

CM1000-4-FLEX25

ゾンデックス株式会社

特徴

CM1000-4-FLEX25は、半透明な対象物体のカラーを判別できるカラーセンサーです。

測定可能な距離は30mmから150mm、RGB各色10ビットの精度で計測できます。

本体内部にメモリを備えており、PCから検出したい色の設定が可能な上、データロギング機能も備えているので測定データの管理に有用です。

自動車の組み立て工程での部品色差判別、薬品・食料品のパッケージングなど幅広い用途に使用できる製品です。

ゾンデックス株式会社の会社概要

製品を見る

FT 55-CM

アズビルトレーディング株式会社

特徴

FT 55-CMは、検出したい色を最大12色分設定することが可能なカラーセンサーで、グレア抑制機能によって光沢のある製品に対しても使用可能な点が優れています。

小型ディスプレイを備えており直感的な操作でカラーセンサーの各種設定を実施できる点も便利です。

IO-Linkインターフェース経由でPC等にデータをデジタル値として出力する機能も備えています。

機械建設や自動車、樹脂、医薬品または包装業界における、カラー検出や仕分け作業に適した製品です。

アズビルトレーディング株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都豊島区北大塚1-14-3 大塚浅見ビル
  • URL: https://at.azbil.com/
  • 創業: 1906年
  • 従業員数: 354人

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す